人気ブログランキング | 話題のタグを見る

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ
◎5/18月曜日の臨時休業についてのお知らせ
新潟県のコロナ禍の緊急事態宣言が解除となった初の週末を迎えています。安全宣言というわけではないので、それぞれ予防策を講じながら自粛を解いて心身ともにのびのびと過ごしたいものです。
店舗では従来と同じように感染拡大防止策を講じながら通常営業中ですので、マスクの着用を前提として体調に問題のない方はどうぞご来店ください。

タイトルの件ですが、5/18月曜日の営業を臨時休業とさせていただきます。
キッチンカーのメンテナンス、もろもろの役所関係の届出等のためのお休みとなります。翌5/19火曜日は定休日となりますので、月曜火曜で連休となりますが、悪しからずご了承ください。
なお、5/17日曜日は昼夜とも通常スケジュールでの営業です。

明日5/17は高田大町の二七朝市に自家製パンやソーセージ、自家製フルーツシロップのかき氷などを販売しに、キッチンカーもぐら壱号で出ています。お休みでもありますので是非おでかけください。
5/18月曜日の臨時休業についてのおしらせ_c0092877_12311664.jpg
5/18月曜日の臨時休業についてのおしらせ_c0092877_12321028.jpg


# by up-jp | 2020-05-16 12:32 | 営業時間変更・臨時休業
危機対応合同ヒアリング!?_c0092877_14483774.jpg
今日偶然にご来店された本町の方からご案内を見せていただいたので、後ほど出席します。
本町商店街に出店している店子の私は初めて見るヒアリングですが、末端の出店者の現状を訊くのはかなり重要と思うのですが、今回は残念なことに直接のお声掛けはなかったです。
そんなことにも些かの疑問もあり、本当の現実的な声が集められるのか、集めるつもりはあるのか、解決の方向をどのように考えているのか、現場で確認してきたいと思います。

# by up-jp | 2020-05-14 14:56 | 四方山話
緊急事態宣言の解除の気配が出てきて、少しずつ日常に戻してもよい部分が出てきそうになり過信は禁物ですが、不安感も少しは軽くなりそうです。
5月は緊急事態宣言下で不測の休業等があり得たのですが、中盤以降は今回のカレンダー通りで行く予定です。緊急に閉めなければならない事態になった場合は都度お知らせしていくことにします。

来週5/18月曜日ですが、キッチンカーのメンテナンス、諸手続きのために臨時休業とさせていただきます。
なお、6月初めの定休日は従来どおり第一火曜、水曜で連休となります。
朝市には二と七の付く日に出店していますので、特別な事情が無い限り、5/17、5/22、5/27、6/2、6/7、6/12、6/17、6/22、6/27で出店します。裁判所の付近にクリーム色とオレンジ色のトラックで出ていますので、ぜひお立ち寄りください。
5月中旬~6月初旬の営業予定について_c0092877_19040344.jpg

# by up-jp | 2020-05-12 19:04 | 営業のご案内
重要な意思表明の長文です。主義主張もうるさいこともたくさん書いてありますので、鬱陶しいと思われる方は読まずにスルーしてください。
ご批判のある方は匿名のコメントではなく、メール、メッセージ等で実名を明記して直接ご意見ください。匿名コメントや匿名メールはスルーさせていただきます。
コロナ感染防止と営業についてのお知らせ_c0092877_11371092.jpg
上越市にも緊急事態宣言が発令されてほぼ一週間となります。
弊店では通常営業を続けておりますが、上の写真のような注意喚起とルールを設けさせていただいた上で席数を通常の1/3未満にあたる6席を上限での営業スタイルになっています。
マスク着用の確認を入店前に行っていますが、もしご持参になっていないお客さまがあればキッチンペーパーで作った簡易マスクを無料でご提供していますので、マスクをお忘れの場合でも入店可能です。

感染拡大防止には店を経営する立場としてお客さまに迷惑のかからぬよう配慮を行いながらやっていますが、ご来店になるお客さまが感染拡大に対する防備をされないままで不特定多数が出入りする状態では店舗内が感染拡大の場にならないという保証はありません。

そういった心配があるために、多くの店が自主休業に入っているものと思っています。

しかし、これがゴールデンウィーク期間が終了したら、一気に問題解決していて人ごみを作っても行楽地に観光で人が群がっても感染の心配がなくなる、という状況でないことは皆さまも十分に感じておられると想像します。

数カ月単位の緊急事態かそれに準ずる警戒事態になるものとすれば、自主休業という選択には限度があります。
運転資金が尽きた時が廃業ということになります。

もし、鶴越が自主休業という対策を選択したとしたら、それをいつ再開するかというタイミングを考え続けていました。

一般的には「安全が確保されてお客さま同士が店内で混在しても感染の拡大はない」という確認が取れてからになると思いますが、通常の風邪やインフルエンザでも外へ出歩いていて病気を拾ってくることはあるわけで、そうなるとコロナも確実に安全というタイミングは訪れないと思っています。

それはつまり「この病気との安全距離を確保しながら通常の営業活動を続けていく」という選択をしないと再開のタイミングを失うと考えました。
テイクアウトへの転換は一つの方法ではありますが、消費者のお財布事情はコロナによる営業自粛や雇い止め、非正規雇用労働者のカットなどで今後徐々に厳しさを増していくでしょうし、過当競争になって一店を維持できるところまでの収益確保が難しくなってくるお店も増えていくと予想しています。

そう考えれば考えるほどにテイクアウトも一つの選択肢としながら通常営業をどのように続けて行けるかがカギになっていると思っています。

弊店では人件費割れを起こしたとしても最低限のマンパワーは確保して店舗営業は続けていきます。
どうぞ立ち寄れる条件が整っている方はおいでください。
少しお時間をいただけばいつも出来たての美味しいうどんをご提供できます。
ご来店の数は半減していますが、仕入れのクオリティは全く下げていません。
半減した売り上げは移動販売車で朝市やご依頼のある場所での出張販売を行って、埋め合わせていく予定です。

それでも爆発的感染が起こり、全国的に商業全体への休業要請が出るような事態になれば休業はやむを得ません。
その場合は政府が全面的な休業補償をすることを強く要望します。

ひょっとしたら現在は無症状状態かもしれないが、もしそうでも外に広げる可能性を下げられる(マスク着用などで飛沫感染対策が十分、体調不良の時は出歩かない、三密を避ける意味を理解して理性を持って行動できる)体制が整っていると思われる方はご来店ください。

一人一人の感染拡大対策と行動方法がきちんとしていれば、相互に接近する機会は減少するはずです。
もし、店が混雑しているような時は次回に機会を設けるようにするように考えてみてください。
その「場所(カテゴリー)が安全か」と考えるよりも「その場所は安全が認められる状態にあるか」と見てほしいと思います。
感染リスクの少ないと言われている戸外、公園などでも人の流れの状態を見て集中しているようなら、そこは危険度が増していると考えると自ずとそこに滞在するべきかどうかは明らかだと思っています。

今、この微妙で神経質な状態を回避しながら営業を続けていくためにお客さまには以下のお願いをします。

  1. 店内に一度にご案内できる席数は6席です。
  2. グループでご来店の場合は分散して入っていただくことがあります。
  3. 基本的に大人4人以上の大人数でのご来店、会食は避けてください。
  4. 先に食券をお求めいただいたら、席のご案内をするまでは店前で分散してお待ちください。
  5. 発熱に代表される体調の不良が少しでも自覚される時はおいでにならないでください。
  6. 石鹸と消毒剤を使って、ご入店時にまず手洗いをしてからご着席ください。
  7. マスクを着用してご入店ください。※ご持参されていない場合は無料で簡易マスクをご提供します。
  8. 食事の前後も店内でのマスク着用をお願いします。
  9. ご家族やカップルでご来店の場合も広げてある席間を詰めずにご利用ください。※乳児幼児については補助いす対応可能です。
  10. マスクを外した状態での長時間のご歓談は避けてください。

うるさいルールを作ってお客さまにお願いするので、正直うざいと言って帰られるお客さまもあります。
しかし、このルールを守ることでお客さまを守り、弊店の営業継続も守れるのであれば批判もあるのは止む無しとして、この線は譲らずに継続して対応していきたいと思います。

どうかご理解をいただけるお客さまにつきましてはご来店いただき弊店の事業が続くようにご協力をいただければ幸いです。
商業はお客さまの消費がなければ成り立ちません。商業につながる製造分野も連鎖的に成立しなくなります。
連鎖の原点にある第一次産業が止まれば、国全体が衰退の一途をたどることになります。

そのような状態になってからコロナ後のV字回復というのは絵に描いた餅です。
力の弱い中小企業が淘汰されれば、資金力のある企業が善であれ悪であれ市場を独占し、弱い市民が望まないものを強要することも当たり前に起きるでしょう。それに追従するようにダメな政治も今より更にダメになっていきます。
ぜひ皆さまの賢明な、今できる範囲のでご協力をお願いします。


# by up-jp | 2020-04-20 12:50 | 営業のご案内
鶴越落語会でお馴染みの真打ち・三遊亭天どん師匠を迎えての落語会が今回は12月にオープンしたてのDIGMOG Coffeeで開催!
天どん師匠、何を隠そうNHK幼児番組「みいつけた」の人気キャラクターサボさんの大ファン!
師匠のデイパックにはサボさんがいつもお供しています。
そのサボさんの生みの親の大塚いちおさんプロデュースのDIGMOG Coffeeでサボさんファンの天どん師匠の独演会が開催されるという神落語会です。
新作落語の若手リーダーと評される天どん師匠のシニカルな笑いも古典の心地よいリズム感と笑いも両方が秀逸な落語噺をお楽しみください。ぜひ皆さんおそろいでのご来場をお待ちしております。

なお、今回、DIGMOG Coffeeさんが会場になるということでチケットの他にワンオーダーをお願いします。
自慢の自家焙煎のコーヒーはもちろんのこと、ビールや酎ハイなどのお酒、鶴越特製のおでんのご提供も用意しております。
日曜の夕方、少し早目の晩酌も兼ねて、落語でリラックスしてくださいね。

※会場には専用の駐車場スペースがございませんので、近隣のコインパーキング等をご利用いただくか、イレブンプラザ駐車場をご利用ください。イレブンプラザ駐車場をご利用の方には駐車料金の割引がございます。駐車券を会場までご持参ください。
会場へのアクセスは下記の周辺案内図をクリックで拡大してご覧になってください。
DIGMOG Coffee 落語会 真打ち登場!三遊亭天どん独演会_c0092877_10104711.jpg
DIGMOG Coffee 落語会 真打ち登場!三遊亭天どん独演会_c0092877_10175698.jpg


# by up-jp | 2019-11-14 10:18 | イベント