そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2/4からレルヒ祭企画としてガチ盛りまつりが始まります。
今回、弊店で提供するメニューは「激辛ハバネロ+総重量1.7キロ」というヘビーバージョンになりますので、ご参加くださる方が楽しく美味しく食べていただくためにお願いがあります。

少々うるさいことを申し上げて恐縮ですが、全国のガチ盛り提供店に共通して過度の食べ残しと取分けマナーの低下、大人数での客席の長時間占有などが問題となっています。

本町での昨年のガチ盛りまつりでもごく一部のお客さまではありますが、一つの注文品を8人、10人でシェアして他の来店者を待たせたり、タイミングが悪いと一般来店のお客さまをお断りせざるを得なかったケースなどもあったと聞いております。

弊店はガチ盛りまつり参加者だけに営業を限定しているのではないことをご理解いただくと共に参加各店とも通常のメニューよりも原価や手間のかかるものを手軽に楽しんでいただけるように努力していることをご理解いただければ幸いです。

そのような一般的なガチ盛りに関しての問題点を踏まえて、弊店提供の「ガチガチ山」について、以下のようなローカルルールを決めさせていただきます。
ご来店の際にガチ盛りをご希望の方には下記内容と同じものをお渡ししますので、それぞれの項目についてご確認いただき、同意のサインをいただいた方について、ガチ盛りメニューをご提供します。
ルールに沿っていただけない時はご提供をお断りいたしますので、予めご了承ください。

お互いにルールとマナーを守って楽しいイベントにしていきましょう。

■興味本意でご注文なさらないでください。
ガチガチ山は激辛食品をよく食べられる方には美味しく完食できる程度に調製してありますが、ハバネロの辛さは通常の一味唐辛子の5~10倍と言われています。
ガチガチ山には市販の小袋(0.2g入り)七味唐辛子の分量で換算すれば20~25杯分が使用されており、麺の分量的にも市販の袋うどん6個分ですので、興味本位だけでは辛さ、分量ともに完食できません。
過去の経験から完食できる見込みのない場合のご注文は避けてください。
レギュラーサイズで同じ調理法のメニューを別にご用意しておりますので、少しだけ試してみたい方は最初からガチ盛りを注文せずにレギュラーサイズでのご注文をお願いします。
また、お食事提供から30分以内の完食を目安にお願いします。
SNSへの「ガチ盛り行ってきたよ報告」の写真を撮るためだけに注文し、非常識な量の食べ残しをされることは固くお断りいたします。

■麺、トッピング、スープ等食べ残しがある場合は理由を問わず、2080円を頂戴します。
(上記金額はご注文時にお預かりし、達成後に差額を返金させていただきます。)

■基本的にお一人につき1オーダーをお願いします。
ガチ盛りメニューは弊店の特大メニューで足りない方を対象にご提供しています。ガチ盛りを試食するためのものではありませんので、外食時の常識的なご対応をお願いします。

■ガチガチ山のお取り分けは3名様まででお願いします。
4名以上の方が全員ガチガチ山をお召し上がりになりたい時は、レギュラーサイズでの追加注文の形をとらせていただくか、ガチガチ山の追加オーダーかどちらかとさせていただきます。

■強い刺激物が含まれますので、高齢者、幼児、児童の取り分け不可
ガチガチ山に限らず激辛の刺激物の含まれたメニューは胃腸への強い刺激で痛みその他体調に影響の出る場合があります。お取り分けはすべて自己責任で行ってください。弊店では責任を負いかねます。

以上の件、よろしくお願いいたします。
[PR]
by up-jp | 2017-02-04 06:29 | イベント | Trackback | Comments(0)

2月営業カレンダー

2月の営業予定です。
c0092877_22304189.jpg

2/4~2/28、レルヒ祭期間となり、ガチ盛りメニューや雪室グルメのご提供を期間中通じて行う予定にしています。詳細は本町白書をご覧になってください。

→ガチ盛りまつり・本町白書へリンク
→観光コンベンション協会・雪室グルメへリンク


鶴越でご提供する雪室グルメは「雪肌水餃子」

うどん生地作りのノウハウを最大に活かして、雪室熟成をかけた小麦粉と白玉粉を合わせて作ったモチモチ感のある手づくりのぽってりした餃子皮に雪室熟成の豚肉や野菜を使ったあんを包んだ、ここでしか味わえないソフトな食感の水餃子。

そのしっとりしたのど越しと唇にやさしく応える柔らかさに「雪肌」と名付けました。
ぽっちゃりさんで食べごたえのある水餃子4個で一皿¥500です。
4個と言ってもボリュームありますので、小食の方ならちょっとした軽食にもなります。

まずは三か月前後の熟成を経た小麦と白玉の柔らかさを楽しんでください。
雪と静かに流れた時間が私たちにくれた素敵なプレゼントです。
[PR]
by up-jp | 2017-02-01 22:37 | 営業のご案内 | Trackback | Comments(0)