そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013大晦日

c0092877_17421586.jpg

c0092877_17421532.jpg

昨晩は年内最後の営業を終わらせ、深夜に帰宅してから、大常連のS氏に頼んで買ってきてもらった大信州の純米酒をしこたま飲みました。

激動の一年が本当に終わるんだなぁ、身体持つかなぁと心配しつつも1日も寝込まずに過ごせたんだなぁと支えてくれた数多の皆さんに感謝してます。

先ほど埼玉から娘夫婦が帰ってきたので、大掃除後に取り急ぎ手近にある材料でオードブルを作りました。

久しぶりに身欠きニシンの焼き漬けを作りました。上越に来てから好きになった料理の一つです。

孫一号が熱狂的に好きだと言うエビフライもたくさん!

厚焼き玉子、久しぶりに出汁巻きじゃなくて、ちょっと甘口にして伊達巻きの代わりに。

さて、これから家に戻って紅白歌合戦ですか。
穏やかな年末に乾杯♪

新年明けの年明けうどん用にパプリカを練り込んだ赤い麺。

茹でてる間に赤味が抜けてオレンジ色(笑)

ノウゼンカズラみたいな色で好きだな。

では皆さん良いお年を!
[PR]
by up-jp | 2013-12-31 17:42 | 四方山話 | Trackback | Comments(2)

年末年始のお休み

2013年の終わりを迎え、新店舗への移転などの大きな変化のあった鶴越をご愛顧賜り厚く御礼を申し上げます。

行き届かぬ点や力量の無さゆえにご迷惑をおかけした反省なども多々ありますが、来年は更にスタッフ全体の力を向上させ、より愛され楽しい店にしていくよう努力していきたいと思います。

多忙に取り紛れ、年末年始の休暇予定の告知が遅れて申し訳ありません。

12/31~1/2 休業日
1/3より昼、夜とも通常営業にて皆さまのご来店をお待ちしております。

また、新年の縁起もの「年明けうどん」は1/3~1/6のご提供を予定しております。
紅白の麺に縁起の良い具材を使い、新年のスタートを飾りたいと思います。

なお、1/3~1/4の間につきましてはスタッフ数の都合により一部割愛するメニューが出てくることもございますので、悪しからずご了承ください。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。

[PR]
by up-jp | 2013-12-31 00:19 | 営業のご案内 | Trackback | Comments(0)

貸切営業のおしらせ

下記の営業は貸切となりますので、ご了承ください。

12/25(水)18:00~
12/27(金)18:00~

昼は通常営業しております。
よろしくお願いいたします。

小グループ(10名程度まで)のご宴会のご予約、随時承っております。
025-512-6111までお気軽にお問合せください。

飲み放題付きパーティープラン ¥4000から承っています。

[PR]
by up-jp | 2013-12-17 20:33 | 営業のご案内 | Trackback | Comments(0)
12/14(土)午後3時半より当店にて開催される「三遊亭天どんの古典落語を聴く会」の会場設営と撤収のために、営業時間を一部変更させていただきます。

昼営業のラストオーダー 14:00(通常14:30)
夜営業のスタート 18:30(通常18:00)

夜営業については、店内を営業可能な状態に出来上がり次第、営業開始したいと思いますが、時間的な目安としては上記のように18:30頃になると思われます。可能な限り、ご来店のお客さまにご不便をおかけしないようにしたいと思いますので、ご了承ください。

[PR]
by up-jp | 2013-12-13 23:19 | 営業のご案内 | Trackback | Comments(0)
今年9月に真打昇進を果たした現代落語会の旗手、三遊亭天どん師匠のミニ独演会を高田広告舎プラステンの岸田氏のお取り計らいにより鶴越にて行うことになりました。
毒のある新作落語を次々に発表しながら、古典落語にも精力的に取り組んでいる」(DVD内容案内より抜粋)天どん師匠の笑いをライブでどうぞ!


チケット予約方法などの詳細なご案内は追ってさせていただきます。
取り急ぎのお問合せ、ご予約については電話025-512-6111へ。

会場 讃岐うどん房鶴越
開催期日 2013年12月14日(土)
開場 15:00
開演 15:30 終演 17:00
木戸銭 ¥2000(税込)
※予約を優先といたしますが、席に余裕がある場合、当日の入場も可能です。

落語好きの方はもちろん、落語は初めてという方もぜひおいでください。
噺家さんと数メートルの距離感の生で聴く落語の面白さを存分に楽しんでいただけること、請け合いです。



[PR]
by up-jp | 2013-12-02 17:37 | イベント | Trackback | Comments(0)