そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ワカメうめ〜♪

c0092877_15521776.jpg

今年の春採りの小渕浜新ワカメが先ほど着きました。

昨年にも増して色がきれいで、見事な緑色です。
養殖をやっている漁師さんから直接取り寄せていますので、品質は保証つき!

早速、塩抜きした小渕浜ワカメをたっぷりのせ、練り梅を添えた冷やかけがうめ〜♪

名付けて「ワカメうめ〜♪

新ワカメのシャキシャキした歯ごたえに磯の香り、練り梅の酸味が爽やかな一杯。

贅沢なまかないうどんでした。

お店では梅とワカメの二種類のトッピングをすれば、この味わいをお楽しみいただけますよ。
[PR]
by up-jp | 2013-05-31 15:52 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)
※この回答は店内のニュースレターにも同じ内容で掲載されています。

 先日、毛筆のお葉書きをお客さまからいただきました。

内容は入店システムが面倒で、たかが一杯のうどんで50席もない店にここまでする必要はない、という主旨でした。
 本町に移転して慣れないお客さまもいらっしゃるので、ごもっともお話ではありますが、なぜ、このシステムなのか?というお話をします。

 最大の理由はたくさんお待ちいただいている時に玉の在庫数の把握が大雑把で長い時間お待ちいただいていながら、玉切れでご提供ができなかった苦い経験が幾度もあったことです。

玉切れをさせないためには足りない分を次々と作れば良いんですが、当店では48時間以上かけた低温長時間熟成の自家製麺のため、急に玉数を増やすことが難しいです。

お待ちいただくからには食べてご満足いただきたいので、一日の予定食数を決めてその範囲なら絶対に食べていただけるようにしたかったのです。

また、昭和町のお店では待合の場所が狭く駐車場も二つに分かれていましたので、店内で待てない場合は外でひたすらじっと待つしかありませんでした。

小さなお子様連れのお客さまには本当に申し訳ないくらいの負担をおかけしているのを見て、車内でエアコンの効いたところで待つなり、お買い物を済ませている間に席の準備ができるようにしていきたいと考えました。

そこで携帯にご連絡する方法が現時点ではベストだろうということで、受付機で携帯電話番号を入力できるようなプログラムを組んでもらいました。

 そういう発想から始まった入店システムですが、本町に引っ越してから投書いただいたような内容のご意見を直接いただくことも時々あります。

 ご指摘のように来店順序に関係なくメニューを決めた方から注文し、その順番にお出しするとか、出来上がりを待って並んで受け取るようにするなどの方法が具体的にはあると思いますが、私には少し心配なことがあります。

 本町では昭和町よりもご高齢のお客さまがたくさんいらっしゃいます。

早い者勝ちの注文を採用した時に注文のタイミングを逃してじっと待っている人が出てしまうのではないか…

 レジに注文を急ぐ方が狭い通路に並んで入店・退店が今以上に混雑する…

更にできあがったうどんを受け取る方と食器を返す方がそこと同じ通路を使うようになると店内は混沌となります。

 席待ちにしても整理券なく、席の空いた順番に着席するようにすると、30年前くらいのゲレンデ食堂がそうだったように、食べ終わりそうなお客さまの後ろに立って、退席を急かすようなムードの中で食べなくてはならない場面も出てくるでしょう。

 私はこの店を快適で気楽に楽しんで欲しいと思っています。

その為には、声の大きい人が優先されるようなルールでは却って混乱が生じると思います。入店の交通整理が必要になります。

確かに受付機を使い、注文のために席を立って、商品の受け渡しもセルフというのを煩わしいとお感じになるかもしれませんが、早い者勝ちルールにして店全体が殺伐とした雰囲気になることは避けたいと考えています。

 整理券の番号順にお呼びし、ご注文を伺い、その順番に沿って、お食事をお出しするのはどなたにとっても公平です。

公平であれば、社会的弱者でも順番さえ守ればよいので安心してご来店いただけます。

当店は、そのルールに沿って今後もやっていきたいと考えておりますので、入店システム設置の趣旨をご理解いただき今後ともよろしくお願いしたいと思います。

店主 小川隆治
[PR]
by up-jp | 2013-05-28 19:44 | 営業のご案内 | Trackback | Comments(0)

ビッグチキンカツカレー

c0092877_16395199.jpg
5/24のSuperflyデイのためのビッグチキンカツカレー。

基本のルーミックスにトマト、パイナップル、白桃、などのフルーツを加え、隠し味に8種類のスパイスを調合した自家製のガラムマサラ、マルオの旨味醤油なども入れて、あの手この手を凝らしたカレーが何故か昨日、すべってしまいまして(泣)、まだ在庫があります。

あと20食分くらいはありそうですので、今日はSaturdayではありますが、Superflyデイの限定カレーもどうぞお楽しみください。

麺は通常のうどんと同じように小・大とも同じお値段です。

さて、2013年のSuperflyデイはナント!6/14が最終です。
ラストのSuperflyは何を揚げましょうかね~?
今のうちからしっかり考えておきます。笑
[PR]
by up-jp | 2013-05-25 16:44 | お品書き | Trackback | Comments(2)

Superfly DAY 5/24

本町に引っ越してからのSuperflyデーをどうやってやろうかと考えていたら、結局、発表が当日になってしまいました。すんません。

揚げ物バイキング的な「Super」な「Fly(揚げ物)」サービスは店舗内のスペース等の事情で混乱が予想されるため、今回から一日限定の出血大サービス(身内では貧血大サービスとも言う?!笑)を設けることにしました。

本町でのSuperfly DAYの一回目は「ビッグチキンカツカレーうどん」です。
仕込みや保温の機材の関係でなかなか登場させられなかったカレーうどんに一枚150gの大きなチキンカツを一人前一枚ずつのせての大奉仕メニューです。

お値段は当然、「ROCKな¥690」です。
もし、このブログをご覧になったら、60食限定ですので、どうぞおいでください。
c0092877_9271210.jpg

[PR]
by up-jp | 2013-05-24 09:28 | イベント | Trackback | Comments(0)
鶴越うどん屋ライブVOL.2のお知らせです。
c0092877_20274476.jpg
(クリックで原寸画像に拡大)

今年で結成40周年を迎える日本の最古参ROCKバンド「センチメンタルシティロマンス」のリーダー・告井延隆さんの一人ビートルズプロジェクト、『Sgt.Tsugei's Only One Club Band』が鶴越で開催されます。

(以下は公式サイトプロフィールより転載)
『Sgt.Tsugei's Only One Club Band』とは、DEW、乱魔堂の強化メンバー等を経てロックバンド“センチメンタル・シティ・ロマンス(1973年に結成されて以来、長きに渡り活動を続ける日本屈指の最古参バンド)”のリーダーを務めた、告井延隆によるソロ・プロジェクトである。
自身の音楽のルーツとも言うべきTHE BEATLESの完全コピーを目指して、新境地を開拓。
2008年にソロ活動を開始して以来、3枚の自主制作盤を次々と発表。
2013年2月2日『THE BEATLES10』を(株)ピンポイントより発売。
「ビートルズの弾き語らず」スタイルを確立し、 アコースティック・ギター1本で全国を飛び回っている。
(転載ここまで)

今回、会場の都合により定員20名様となっており、すでにご予約が進んでいます。
チケットのご予約が定員に達し次第、売り切れとなりますので、お申し込みは下記WEB予約窓口からお早めにどうぞ!

>WEB予約窓口へリンク

また、店頭でのお申し込みも随時受け付けております。
お申し込みの受付時間順にご予約の処理をさせていただき、ご予約が完了した時点で当方より「予約完了メール」を発送させていただきます。

FBでは、このような評論記事もあったとのことです。

ビートルズ・ナンバーのカバーなど珍しくもなんともないが、この人、告井延隆のように、アコースティック・ギター一本だけで、ビートルズを再現するとなると話は別だ。なにしろ、彼が奏でるビートルズからは、4人が転がり出てくる。大人を小ばかにしたようなジョンが、ベースを抱えて首をふつポールが、照れ臭そうに歌うジョージが、淡々とドラムをたたくリンゴが、4人のその姿まで見えてくるのだ。 天辰保文(2013年3月7日付毎日新聞)。

緻密で繊細で、なのに超高度テクニックがあまりにさりげなく軽やかに見えるような時間を皆さんと共有したいと思います。
[PR]
by up-jp | 2013-05-12 20:44 | イベント | Trackback | Comments(0)
連休も終わり、私たちもこの火曜と水曜を2日間、お休みさせていただきました。
ありがとうございました。移転から一昨日まで実質的な休みなしで動いてきて、やっと身体をゆっくり休ませたような気がします。

昨日一日しっかり休む時間が取れたので、豊野の「珈琲日和」さんにお茶を飲みに出かけたり、中郷の二本木駅そばにある豊岡精肉店で高級カルビを買って長女と嫁ぎ先のお母さんと4人で焼肉をして楽しんだり、なかなか充実した休日でした。

二日目の休みの今日は、開店メニュー(縮小版メニュー)からグランドメニューを作るべく、終日PCとにらめっこして、分かりやすいメニュー作りで格闘していました。

新しいメニューブックは6ページ構成で、高齢のお客さまにもページをめくりながら順番に決めていくと食べたいものが外れなく決まって行くような形を心がけました。
不都合があれば、またマイナーバージョンアップをしていく予定です。
>メニューブックのPDF書類ダウンロード

夜営業限定としましたが、釜玉各種と釜揚げうどん、軟骨つけうどんがグランドメニューにラインナップされています。

「軟骨~、軟骨~」と呪文のように唱えていた方、お待たせいたしました。
待望の軟骨復活です!

夜の鶴越は生ビール、日本酒、酎ハイと飲み物のラインナップも元通りとなりました。
軽いおつまみで一杯楽しんで、〆に美味しいうどんでどうですか?
[PR]
by up-jp | 2013-05-08 22:52 | お品書き | Trackback | Comments(0)