そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本日、夜営業より17杯限定のフカヒレスープうどん、やってます。
c0092877_1832563.jpg

c0092877_18331074.jpg

今回は地物のキノコ「ムキタケ」の他、ブナシメジ、ナメコと庶民のフカヒレがたっぷりと入ったものです。
ベースはチキンスープで、魚介系のダシを足しています。
とろみをつけて、かき玉にしていますので、体も温まります。
数量限定ですので、この機会にどうぞ!
[PR]
by up-jp | 2012-11-30 18:36 | お品書き | Trackback | Comments(4)

11月の営業カレンダー

すみませ~ん。
今日、お客さまから「ブログに営業予定が出てないから、電話したわ~」と言われて、文章でも告知してないことに気が付きました。

ホントに申し訳なかったです。
メーリングリストの鶴越倶楽部で営業予定を書いたので、すっかりそれで安心してしまったようです。

10月は長女の婚礼で休みをまとめていただいたので、11月は今日5日の月曜日を通常営業にしていました。
以降の週については下記のカレンダーをごらんになってください。
c0092877_174128.png


豚軟骨の味噌味煮込みはだいぶまとまってきました。
近日中にリリース予定です。
[PR]
by up-jp | 2012-11-30 17:42 | 営業のご案内 | Trackback | Comments(0)
c0092877_13141324.jpg

c0092877_13141389.jpg

長岡市関原町にある陽だまりさんは、しょうがい者自立支援事業の一環で設けられた喫茶店。

縁あって一度うどん作りの講習会をさせてもらいました。

それから丸二年。
ようやくお店に伺って、うどんをいただくことができました。
今年の春先に伺った時は時間が早過ぎて、うどんの提供時間じゃなくて、
モーニングセットを11時前にいただいたんでした。

かけ、ざる、ぶっかけの三種のメニューは、どれもデザート付きで破格値の400円!

安すぎですけど、お客さまにとっては嬉しいですよね〜♪


伸びのあるグミ系の手延ばし手切りのうどんは、のど越しが良く、スルスル入っていきます。

美味しい麺です。

全く初めて手打ちうどんを勉強されてから、短期間に美味しい麺を利用者の皆さんの力で作れるようになさったスタッフ皆さんの努力に脱帽です。

ごちそうさま。
そして、ありがとうございました。
[PR]
by up-jp | 2012-11-20 13:14 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)

11/19~20定休日です

11/19と11/20は第三月曜に当たりますので、毎週火曜日の定休と併せて二日間のお休みとなります。
悪しからずご了承ください。
[PR]
by up-jp | 2012-11-18 20:39 | 営業のご案内 | Trackback | Comments(0)
以前から当店で人気の上越名物の「一夜干しのスルメ天」のスルメを自家製にできればなぁ~と常々思っていたのですが、手間を考えるとなかなか着手できませんでした。

ところが、最近になりスルメの値段が実質的に少しずつ上がってきたことや塩味の濃さが思ったようではなく、もっと美味しいものを出したいと思ったので、勝島魚店の大将に相談して、刺身用のスルメイカを仕入れてもらいました。

それを使って昨晩初めての一夜干し作りをしました。
材料は刺身用の新鮮なスルメイカ、塩、上州屋で買った干物カゴ。
難しいものは何もありません。
c0092877_2183213.jpg

昨日は天気が今ひとつだったので、朝まで文字通りの一夜干しをして、軽く水が切れた程度の乾き具合でしたが、揚げてみるとこれがプリップリしてて美味いこと!

やはりイカが新鮮で身の厚いものを選んでもらったのは大きいです。

明日もお出しする塩スルメは鶴越の自家製のものになります。
試験的に二夜干しもやってみていますので、自分の思うところのベストな干し加減を徐々に探っていこうと思います。

ちなみに私が思うベストな塩スルメは「醤油をかけなくても、それ単体の塩味がしっかりとついている」「イカの表面を手で触った時にべたつかない程度にきちんと乾いている」の二つです。

アジの干物なんかもそうですが、自然の風で表面がサラッとするくらいの干し加減のものは旨味が凝縮して美味しいものです。
イカは魚よりも水分が飛びにくいようなので、自家製にする場合はひょっとしたら3日くらい干すこともあるかもしれません。

加工業者さんの場合は品質管理の都合上、天日干しにすることはなかなか難しく、外から虫などの入らない冷蔵倉庫の中で冷風乾燥するのが標準的な作り方のようです。

しかし、自然の風に当てて、ゆっくりと干したものは気持ちの問題もありますが、やはり滋味深いものがあります。

どうぞ、鶴越においでになったら自家製の一夜干しイカを食べて、ご感想を教えてください。
[PR]
by up-jp | 2012-11-17 21:15 | お品書き | Trackback | Comments(0)
非常に温度の低い冬型の低気圧が通過するとかで、今にもみぞれになってしまいそうな天気です。
c0092877_14551067.jpg

寒くなると美味しいのがロールキャベツ、ということで、けっこう手間ひまかかる調理ですが、がんばっておかずプレートに入れることにしました。
豚ひき肉、鶏モモ肉の角切り、炒めたまねぎが入ったごくオーソドックスなものですが、この時期のキャベツは葉っぱがしっかりしていて作りやすいですね。
c0092877_1455231.jpg

こちらはクリタケの油炒め煮。
クリタケ自体がけっこう良いダシを出すので、味醂と醤油を少量の砂糖を加えると旨味の強い美味しいおかずになります。どちらかと言うと、これで一杯やりたい感じです。(笑)

今週はいつも以上に頑張って作ったので、ぜひどうぞ!

ロールキャベツとクリタケの炒め煮の他に、ホウレンソウの胡麻和え、ニンジンのナムルが付いてます。

明日からうどチャンスタートしますよ~♪
[PR]
by up-jp | 2012-11-14 14:59 | お品書き | Trackback | Comments(2)

うどチャン、やります

c0092877_1411243.jpg

うどチャンの準備ができました。
明日からスープ切れまで概ね20杯の予定です。
ぜひ一杯どうぞ!
[PR]
by up-jp | 2012-11-08 09:00 | お品書き | Trackback | Comments(0)
木枯らしのような風がだんだんと苦になる季節になると、お財布のお小遣いが少なくなってくると寒さが更に加速するような気がします。

そんな時にちょっと懐が暖かくなるようなサービスを始めることにいたしました。

月曜日入れ替えで定番トッピングメニューの中から1品を選んで、50円オフにします。

c0092877_23553423.png今週は11日(日)まで「竹玉」(トッピングのみ通常190円。ちくわ天と半熟玉子天のセットです。)を50円オフ!

c0092877_23561077.png来週12日~18日まで「海老きつね」(トッピングのみ通常¥200)の予定です。


おうどんはお好きなものを選んで、週替りのサービス天ぷらと組み合わせてください。
ご来店をお待ちしております!
[PR]
by up-jp | 2012-11-06 23:56 | お品書き | Trackback | Comments(0)
2011年の釜明けから年末まで皆さんに楽しんでいただいた「開運くじ」
年末でサービス終了してから次のバージョンを考えるのに時間がかかりすぎて、また次の冬を目前にする頃になって、ようやくできました。

c0092877_17592847.gif
今回は、お御籤になっていて(一応)、運勢も(思いついたものを勝手に書いたものがww)ちゃんと一枚ずつ書いてあります。
皆さんの人生にとって重要な決め事の時には絶対にあてにならない運勢ですが、当たらなかったからといって真剣に怒らないでね。

ただ引くだけじゃ鶴越のダジャレ的冗談につきあうだけでつまらないですから、ポーカーのように同じ運勢のくじを集めると天ぷらサービスとか場合によっては食事代半額サービスなどもあります!
c0092877_1801671.jpg

また、このくじのなかに最近、天ぷら一個当たり券も入れました。

「なぁんだ」と言わずに、ちょっと集めてみてください。
意外に早く良いことがあるかもしれませんよ。
[PR]
by up-jp | 2012-11-05 18:01 | イベント | Trackback | Comments(0)

5日月曜日営業してます

お客さまからの話に訊いてはいましたが、妙高山頂付近は雪ですねぇ。

寒いわけだ。

冬が来ますね。
あの冬が…
闘いの支度をしろ、
というサインです。


今日はいつもの定休日スケジュールでは第一、第三月曜日でお休みなんですが、今月は第三月曜日と毎週火曜日をお休みにしました。

本日はスタッフ欠員のため基本メニューでの対応になりますが、営業してますので、ぜひご来店くださいませ。

お待ちしております。
[PR]
by up-jp | 2012-11-05 09:33 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)