そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0092877_22151024.jpg

4年前に香川のお土産で買ったうどんストラップ。

今夏の引っ越しの時に未使用品をゴミの中から発見し、救出したもの。

かみさんに買ってきたのにゴミの判定を受けた可哀想なストラップ。

じっくり眺めてみると、釜玉なのにカマボコは乗ってるし、刻み海苔まで!

彩りの関係上、配置したものらしい。

しかし何より卵黄の大きさが実際の縮尺で考えたら直径は大体6センチ以上!

そんな鶏卵はなかろうよ!

ギネス記録でも殻の幅で6センチらしいから、有り得ないサイズ。

エミューの卵でも持ってくるか…

スタジオジブリなら宮崎先生に厳しく指摘されること間違いなし!(笑)
[PR]
by up-jp | 2011-10-29 22:15 | 四方山話 | Trackback | Comments(2)

戦場の裏側

c0092877_1644243.jpg

イベント事務局長のエン座・加藤大将に呼ばれて厨房の中へ。

釜には才谷屋さんの大将、締めや盛りにはうどん杉田の大将やらたびたび名前を拝見する方たちが血相を変えて作業中。

ササッと挨拶だけを済ませて邪魔にならないように退散。

表も裏もファンタジスタ!

昨年の激戦の様子を推して知るべし、でした。
[PR]
by up-jp | 2011-10-25 16:04 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)
c0092877_15565018.jpg

c0092877_15565015.jpg

よしやの大将、江戸でも一本ずつ蕎麦切り包丁で手切り。

手切り故にバラつきのある麺はいろんな表情を見せてます。

今日の麺の仕上がりは、やや硬めの食感。がっしりした歯ごたえ。

かけは、あつあつとひやあつが選べ、女将も僕もひやあつを。

ダシを一口含むとガツンとイリコが効いてから、味醂の甘味、旨味が広がり、幸せな気持ちになります。

添えられたちくわは3種類。
多分よしやさんがレギュラーで使っている上級のすり身使用の特上ちくわ、タコの切り身が練り込まれたタコちくとエビのすり身入りの海老ちく。

揚げたてサクサクの天ぷらですっかり満足です!
[PR]
by up-jp | 2011-10-25 15:56 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)
c0092877_1025447.jpg

宮崎、香川、徳島、京都、大阪、関東から煌めくようなうどんの名店が日替わりで6日間、石神井公園内ふるさと文化館で競演!

開店直後にすでに行列!

今日は香川から宮武うどんで育ったというこだわりの手切り讃岐うどんよしやさん。

若手の雄のうどんが首都圏で炸裂中。

ちょっと耳に入った会話では会社の朝礼が終わったらダッシュで駆けつけたという猛者の女子OLさんもいて、期待感マックスなのがよく判りますね〜♪

席待ちは多分20分くらいかな?
[PR]
by up-jp | 2011-10-25 10:25 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)

ナメコデカすぎっ!

c0092877_19185498.jpg

上越の地場産野菜の直売所で仕入れたナメコ。

傘の開いた松茸よりデカいだろ!

明日のナメコぶっかけに入ります。

切った方がイイ?
美味いよ、食べ応えあるからこのままでも(笑)
[PR]
by up-jp | 2011-10-23 19:18 | 四方山話 | Trackback | Comments(2)
c0092877_14584762.jpg

開く前のつぼナメコより傘の開いた大きいナメコが美味いです!

ナメコは、お玉一つ分が1人前。けっこうな食べ応えですよ!

鶏肉の八幡巻きは自家製。これも美味いです。
[PR]
by up-jp | 2011-10-21 14:58 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)
c0092877_12173224.jpg

c0092877_12173233.jpg

讃岐うどん房 鶴越、デカ盛り店デビュー(笑)

まんでがんタワーはデカ盛りかもしれないけど、普通の盛りのメニューがほとんどです。

少食の方に小盛りやプチもありますよ!
[PR]
by up-jp | 2011-10-21 12:17 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)

うどんの暖簾二代目

開店から丸三年間の間、店の玄関を護った暖簾が先日の台風前後の風でいよいよ破れてしまい、三年目にして暖簾を替えることにしました。
c0092877_14553842.jpg

無地の業務用暖簾を仕入れて、ロゴの印刷などは手づくりですが、ようやく店名の入った暖簾ができて、開店の時のように嬉しいです。
c0092877_14555732.jpg暖簾の一番左端には麦の穂と「さぬきの夢協力店」の表示も付け加えてみました。

手づくりゆえ若干のミスもありますが、愛すべき鶴越の「顔」です。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by up-jp | 2011-10-17 14:57 | 道具 | Trackback | Comments(4)

畳の傷み補修作業

c0092877_14115375.jpg

午前中、畳屋さんが特注品の上敷きを納品してくれました。

畳の傷みのあるところをすっぽりと覆い、すっかり新しい畳床になりました。

今回のは従来の畳より丈夫!

新しい畳の色が新鮮に映ります。
[PR]
by up-jp | 2011-10-11 14:11 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)
野宿して朝帰り。ただいま帰着。
門前の湯の朝風呂は滑り込みアウトで入れなかったので、これから自宅モーニングです。
歯医者の予約とか店のちょっとした作業とかなければ、朝ごはんを山で食べて日帰り温泉に入って帰ってくるんだけど、今週はそれができないのが残念。

帰って来てドアを開けようと思ってふと外を眺めたら、直江津港方向にキラっと光る一筋の光。
と思ってじっと見ていたら、動いてます…!
c0092877_8495840.jpg

双眼鏡で見たら、火柱が勢いよく上がってるんですが、Twitterで検索しても工場火災ということでもないみたいだし、黒煙が上がっているわけでもないので何かの目的のためにガスを燃やしているみたいなんですが。
c0092877_850246.jpg

デジタルズーム目いっぱいでこんな大きさの火柱なので、実際はかなりの炎だと思うんですが、ご存知の方ワタクシの疑問を解決してください。
何ヶ月かここに住んでますが、こんなことは初めてなので気になって仕方ない。
[PR]
by up-jp | 2011-10-11 08:51 | 四方山話 | Trackback | Comments(6)