そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先週のT高校テニス部の皆さんのあと、17日にはお隣の妙高市から15人のファイターが集結しました。

「あの~先日大勢でお邪魔したときに、一人何キロでも出してもらえるとおっしゃっていたんですがホントにやってもらえますか?」

という9月初めのミケさんからの電話がその始まりでした。

当日は何キロ生麺を用意したら良いものか、けっこう悩んで極端にたくさん食べられる人が概ね5人×2キロ、その他の10人のメンバーは1キロと考えて、もし全員が2キロを食べたとしても余裕で対応ができるようにと更に倍の約20キロの生麺を用意しました。

20キロの生麺は茹で上げると概ね40キロとなりますので、さすがにそこまでは食べないだろうと…

19時にスタートして、次々と上がってくる注文。
屋外のお祭の時よりも忙しいくらいの勢いで、約一時間半が経過。
さすがにラストスパートできる人は限られ、一名を除きみんながまったり状態。
c0092877_2146450.jpg
その一名はニックネーム「くまさん」
体格は格闘家のようなごっつい身体で、黙々と食べ進んでいました。

「高校生の記録は破らないと…」と大人の底力を見せ、結果8.5玉(約3.1キロ)
当日は誕生会も兼ねていて、当のくまさんがその誕生会の主役の一人でもあり、見事な鶴越新記録を樹立した上、仲間からのプレゼントは「これ欲しかったん、マジよ、マジ!」と大はしゃぎだったホームベーカリー。

c0092877_22101289.jpgもう一人のお誕生者はオタンコさん。
お二人には鶴越の超裏メニューである「うどん生地で作るキムチとナスとニラ、豚挽き肉の水餃子」をプレゼントしました。
c0092877_21555438.jpg餃子は中国でお祝いの時に食べる食べ物だという説があり、それに倣って誕生日はめでたいことだ、ということで特製の水餃子と相成りました。

ところが肝心のくまさんはうどんダッシュを試みたこともあり、餃子は「美味しそうなのに一個しか口に入れきらんかった…」と悔しそう。

そのお蔭で参加者全員が一個ずつは口に入ったはず。

c0092877_21593863.jpg優しくて紳士なお客さまで、迎えたこちらも心温まる一夜でした。
また、ぜひおいでくださいませ。


<鶴越ギネス記録「うどんの大食い>
1位 H原さん(くまさん) 8.5玉
2位 K田さん 5.5玉
3位(以下三名は同数) F川さん、K平さん、S木さん 5玉
4位 M本R恵さん、フウコサソ 4玉

それにしてもホントよく食べましたね~。
茹でてるだけで気持ち悪くなっちゃいそうだよ…
胃薬をちゃんと用意してあったのに、誰も使わんかったですな。(笑)

気の置けない仲間やご家族、ご親類とのゆったりしたお食事も鶴越でお試しください。
8名以上のグループであれば、貸切とさせていただいています。
お電話でのご予約は2日前までにお願いいたします。
[PR]
by up-jp | 2008-09-22 22:02 | イベント | Trackback | Comments(16)
昨日の日曜日は、のっぴきならない緊急の用事で急遽お休みをいただき、スタッフのみでの営業でした。
ご来店いただいたお客さまには、メニューを3種類に限定し、お好みのものを自由に食べていただくことができず、申し訳なく思います。

明日からは通常の営業をいたしますので、どうぞおいでください。

カレーコーナーですが、今は暫定的に5種類ほどを置いています。
ただディスプレー棚がなくて、目立たなかったのでお気づきにならない方も多かったことと思います。今日、定休日なのでこれから組み立てをして、明日にはお目見えの予定です。

さて、ご当地カレーを集めて来なければ…
[PR]
by up-jp | 2008-09-22 10:57 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)

暖簾が完成しました

鶴越のロゴマークを入れた暖簾がようやく完成。
上越市大手町のプリントショップ「コラボ・ショップ」さんのご協力で、超特急の作業で間に合わせていただきました。
c0092877_17125085.jpg

先日ご来店いただいたイラストレーターの小野寺光子さんのカラーコーディネートに沿って、一緒に生地を買いに行ったものを仲間のT女史に頼み込んで暖簾にしてもらい、ロゴをプリントしたものです。

紺の暖簾と同じ色の短い暖簾にロゴマーク入りで、なかなか落ち着いた印象の外観となり、自画自賛ですが、イイ感じです。

c0092877_17173549.jpg最近のお店の様子ですが、おでんがスタートして、うどんが出来上がるのを待つ間におでんをつまむという香川スタイルがちょっとずつ浸透してきているのか、大根やこんにゃくのおでんがよく売れます。

某常連さんのご意見で「讃岐のおでんと言えば、辛子酢味噌がないといかんでしょ~。」というので辛子酢味噌も通常の練り辛子の他にご用意しました。

今週の土曜日には「カレーパックコーナー」用のディスプレー棚が届きますので、大至急で組み立てて、皆さんのお好みのカレーうどんを楽しんでいただけるようにセットを急ぎます。

来週はそろそろ定番のきつねうどんをラインナップに加えようと思っています。
がんばりますわ~!

昨晩は定休日前だったのでお酒を…
[PR]
by up-jp | 2008-09-15 17:20 | 四方山話 | Trackback | Comments(6)
400以上のテーマ一つ一つでその道のプロがユーザをガイドする生活総合情報サイトのグルメカテゴリーの一つに「うどん」が設けられています。

c0092877_1791895.jpgそのうどんガイドを務めておられるのが蓮見壽氏。
SNSでは寿庵さんというハンドルで登場されます。
その蓮見氏から取材の連絡をいただいたのが先週の月曜日。
「水曜日に出かけたいと思います。よろしく~。楽しみにしてます。」というもの。

こちらは予期せぬ巨匠の取材に大慌て。
出汁も麺も細心の注意を払って仕込み、当日を迎えます。

朝7時少し前。
店の前に蓮見氏の愛車であるシルバーのゴルフヴァリアントがすーっと到着。
朝の仕込みで6時ごろからいつもいますよ、というメールを送ってあったので、今日は仕込みからの取材になる様子。

ひとしきりおしゃべりして、車で10分ほど離れた製麺所を見学していただき、いよいよ本番は開店直後の店内で。

ほとんどのメニューを頼んでいただき、ただでさえボリュームのあるメニューを同行のお二人の協力も得ながら淡々と撮影→試食→撮影→試食と進めていらっしゃいました。

今回は秋冬バージョンの4mmカットの太い麺で長時間茹でて氷水できっちりと〆たもの。
モチモチ感が強調されて、ふんわりした中に強い弾力が潜むという最近お気に入りのパターン。

食後の蓮見氏の感想を簡単に教えてもらうと、「天ぷらなどを出すタイミングの一工夫が必要だと思うけど、麺も天ぷらも美味しかった。鶏のせせりは食べたことがない部位だったので美味かった。」と話してくださり、緊張感で一杯だった僕もようやくホッとしました。

上越の取材のあとに信州のお蕎麦を食べて帰る予定も検討されていたとのことでしたが、今回のうどんがボリューミーだったことに加えて、おでんやサービスのひやひや、アイスクリームなどを食べたので満腹でお蕎麦は断念して、一路、東京へ戻られました。

同行でおいでになったひろちゃんさん、あきつさん、ありがとうございました。
蓮見氏のオールアバウトへの紹介記事がどのようになるのか、ちょっと怖いですが楽しみにしております。

PS 十日町の常連さんのSさんが「次回来店されたら、蓮見さんのうどんを鶴越で食べたい」というご要望がありました。そんなコラボがいつかできたら楽しそうです。
[PR]
by up-jp | 2008-09-15 17:07 | 四方山話 | Trackback | Comments(4)
昨日の午後、店に電話があり、6名のご来店予定が入りました。
なんと手回しのよいことに注文まで決めて…

おいでになったのは常連さんの市内T高校のテニス部のご一行様。
今日は3年生の先輩を連れて来たとのこと。

オーダーは「うどんを1.5キロ食べさせてください。」

1.5キロも入る器はないので、標準のうどんで替え玉方式で食べた分だけ支払う、という形にしましたが、さすがは現役の体育会系の若者たち。

数分もしないうちに全員が「お替りくださいっ!」

2玉、3玉と進むうちにだんだんとペースが落ちてきて、食べ続けるメンバーを見守る状態に推移していく中、1人だけ淡々と食べ進みます。

5玉、6玉とお替りを続け、「これで最後にしておきます。」という声がかかったのが7玉め。
都合8杯を食べた勘定になります。

今回、一杯ずつがあまりに多くなりすぎるといかんと思って、きちんと計って1杯360gで出していったので、8杯だと2.9キロ。
当初の目標だった1.5キロの約2倍を食べたことに…

うちは大食い選手権のお店ではないので、何杯食べてもタダになったり、賞金が出たりはしないのですが、なんとも空恐ろしい食欲の持ち主が現れました。

「もし、卒業して有名人になった時、思いでの味は?と訊かれたら”鶴越のおじさんには美味しいうどんをたくさん食べさせてもらいました。”と話して、うちにTV取材が入るようにしてね。」と強くお願いしておきました。

しかし、一番の失敗は、彼の写真を撮らなかったことだな。
多分、またご来店されると思うので、その時に…

ちなみに今週の9/17(水曜)はお隣の町から若者が10人集まって19時から全席貸切で「うどん食いの限界チャレンジ」を弊店で行う予定になっています。
当日、貸切営業となりますので、ご注意くださいませ。
[PR]
by up-jp | 2008-09-15 16:40 | 四方山話 | Trackback | Comments(2)

2008年9月のメニュー

◆当店のうどんのボリュームについて
有名メーカー○ト吉の冷凍うどんで換算すると約1.7個(約350g)が当店での標準的な分量です。ちょっと多目に入れるように心がけていますので、そんなに食べられないわ、という時はハーフサイズの「プチかけうどん」などがありますのでご利用ください。

なお、やや盛り(1.5玉)の増量は追加料金がありません。
大は2玉入りで¥100増しになります。以降の大盛りは1玉ごとに¥100の追加です。
お好みの分量でどうぞご利用ください。

-+-+お品書き+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

◆温かいうどん

プチかけうどん(ハーフサイズ) ¥190
かけうどん ¥400 ※1杯350g
釜揚げうどん ¥500
釜玉うどん ¥500
竹玉うどん ¥600
鳥せせりうどん ¥750

◆冷たいうどん

プチ醤油うどん(ハーフサイズ) ¥190
醤油うどん ¥400
ぶっかけうどん ¥450
竹玉ぶっかけ ¥600
鳥せせりぶっかけ ¥750

◆天ぷら類他

うどんのピッピ ¥100
ちくわ天 ¥100
半熟玉子天 ¥100
塩スルメ天(4切) ¥200
鳥せせり天単品 ¥400(胸肉とせせりの盛合わせ)
讃岐天ぷら盛合わせ(竹輪、玉子、せせり盛合わせ) ¥400
※天ぷら盛合わせはボリュームもあり、注文数ランクNO1です!

秋~冬にかけて「おでん ¥100~」やっています。

この他に旬の野菜などで当日のおすすめメニューをご用意していることもあります。
店内の掲示板をご覧くださいませ。

◆定番ナイトメニュー

鶏皮のパリパリ揚げ ¥200
冷奴 ¥250
うどん屋の出汁巻き玉子 ¥400
鶏の唐揚げ(生ジャガイモのフライドポテト添え) ¥500
鶏モモ肉の鍋照り焼き、または塩味オーブン焼き ¥600

ビール(スーパードライ、プレミアムビール数種類)、日本酒、焼酎などをご用意しています。

※昼間のメニューはすべて対応可能です。
※当日のおすすめメニューがありますので、店内の掲示板、メニューをご覧くださいませ。
[PR]
by up-jp | 2008-09-08 09:21 | お品書き | Trackback | Comments(13)
初めての定休日…朝寝をしようと思っていたのに、やっぱり普通どおり5時半に目が覚めてしまいました。ま、早起きは三文の徳と言いますから、いいことにしておきましょう。

開店のお祝いのコメントをたくさんいただきありがとうございました。

開店前後の一週間は、内装、インテリアの一部をやり直してDIYにどっぷり浸かっていたりしてまして、コメントをお返しするのが大変遅くなってしまい、皆様には失礼をいたしました。
この場を借りてお詫びいたします。

さて、朝晩が肌寒いほどの日もあり9月の始めにしては今年の秋の訪れは早そうです。
c0092877_8292848.jpg

各コンビニでおでん台がレジ脇に登場し始め、「その季節がやってきたか~」と思い、鶴越でもおでんを始めました。
実は夏のプレオープン期間中におでんを一度だけやったのですが、評判が今ひとつで挫けていました。

「なんで夏におでんな~~ん???」

と言われましたが、

「だって香川では通年あって、それを食べながらうどんを待つのが楽しいやんかぁ~~~」と言うと

「そーかなー?」と返ってきたのでトライは秋まで待つことにしてました。

それで時機到来というので大根、ちくわ、厚揚げ、こんにゃく、玉子というベーシックなもので昨日から始めています。
牛スジは良い物がどこで手に入るのか、まだ調査できていないので美味いアキレス腱が手に入ったら具材に加わる予定です。
牛テールを入れたら美味いでしょうね~。

<なんとまぁ横着なカレーコーナー新設予定>

「カレーうどんはやらんのですか?」というご要望が思いのほかありまして、やり方を検討していましたが、現在のメニュー構成の仕込みだけでも十分にやりきれていないこともあり、また味付けをどこにベースを決めるかなどのリサーチも不足しているため、三日三晩寝ずに(うそ!5時間は寝ています)考え抜きました。

結論は「カレーコーナーを作ります!」
c0092877_8431968.jpg

各スーパーからプライベートブランドで発売されている格安のレトルトカレー、レトルトカレーの草分け「ボンカレー」「ククレカレー」、辛さが選べるスタイルを作った「Lee」などの定番もの、国内の観光地でほぼどこでも発売しているご当地カレーなどをコレクションして陳列して、うどんのオプションで購入していただくスタイルに決定しました。

9/10からスタートさせる予定ですが、ご当地モノは急に集まらないのでPB商品、定番商品を中心に数種類をレジ脇で販売する形でスタートさせます。
ディスプレー用の棚は今朝発注をかけたばかりなので、今週末くらいにならないと形にならないかな~と思ってます。

購入していただいたカレーは厨房で熱々に温めてうどんと一緒にお渡ししますので、お好きな分量をかけてお好きな食べ方でどうぞ!

かけうどん+カレー購入=デフォルトのカレーうどん
釜玉+カレー購入=カレー釜玉うどん
釜揚げ(湯抜き)+カレー購入=なんと!いつでも釜抜きカレーが食べられる!
せせり天うどん+カレー購入=せせり天カレーうどん(ってぇか、そのまんまやん!)

というわけで、いろんな味、いろんな食べ方をフリースタイルでお楽しみくださいませ。

<驚異の鳥せせり入荷中!>
c0092877_8525486.jpg

カレーとはまったく関係のない話ですが、鶴越の天ぷらだねの定番「鳥せせり」の今回の仕入れのロットは、一切れがものすごくデカイです!
↑の写真はプレオープンスタート直後の盛り付け例ですが、今は多分この2倍くらいのボリュームがあるのではないかと思います。
食べ応えがありますよ~!

これはササミではないのか!??と思うくらいデカイのが多くて、今までの鳥せせり天の満足感とは全くの別物と言って良いくらいのものに勝手に成長してます。

ということは次の仕入れのロットの時に元通りの小型のせせりになってたらどうしよう…と思うわけで、そこは問屋さんにお願いして今のレベルのものを仕入れるようにしたいと思います。
がむばらねばっ!
[PR]
by up-jp | 2008-09-08 08:43 | 営業のご案内 | Trackback | Comments(10)
6/1からの仮営業スタイルから昨日を境にグランドオープンしました。
何がどう変わったということもないのですが、照明や色のコーディネートはイラストレーターの小野寺光子さんにアドバイスをたくさんいただき、少しずつ統一感が出るようにしています。
c0092877_23411012.jpg

c0092877_23463312.jpg
また、要望が多かった1人来店の方のためのカウンターテーブルもホームセンターでテーブルトップを買い、うちで組み立てて塗装して完成。

昨日、今日ともお蔭さまでこちらが一杯々になるくらいの満席に一時期なり、たくさんのご来店に大変感謝しました。
来月に入ったら新メニューを加えて充実のラインナップにしたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by up-jp | 2008-09-04 23:46 | 開店準備 | Trackback(1) | Comments(24)