人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

2008年 06月 21日 ( 1 )

高松より刺客現る(爆)

いや~ビックリしました。

まさに目を疑うというのはこういうこと。
12時過ぎのピークの初めの頃に表にデジカメで店舗外観などを撮りながらウロウロしている青い服の人物が網戸越しに見えて、まさか!??!!と思ったら

大当たり!青いつなぎに首もとのタオルと言えば、高松の青いふとんさん。
c0092877_1402565.jpg
まるで高松市内に鶴越があるかのような感じで、ひょいっとご来店されました。

足があるかどうかをまず確かめましたが、ちゃんとありました。
実体もちゃんとあって、お土産におとと煎餅をいただいたので、生霊ではなさそう。笑

鶴越始まって以来の遠方からのお客さまで(始まって以来って、まだ正式オープンしてないがな!)、こちらからも写真を撮らせてもらおうと思ったら、次々とお客さまが見えたので、厨房の中のことに追われて、何もご接待できんかったん。
ホントにすんませんでした~。

せめてもの罪滅ぼしに天ぷらを少し余計に、うどん玉はもっと余計に通常の1.8玉くらいにさせていただきました。
↓ 青いふとんさんが食べたんはコレ~!
c0092877_1474660.jpg

c0092877_150226.jpg
↑ 実際は竹玉をお出ししました。せせり天はぶっかけに載っていたので。

た「ゆっくりしてってくださいね~。今、バタバタしてるけど。」
あ「ん~、実は時間があんまりなくて、京都にちょっと寄り道せんならんので…」

京都と上越間はちょっと寄り道のような距離ではないので、改めてわざわざココへ来るために、遠路はるばる高い高速代を使っておいでくださったわけでして、本当にご縁に感謝しました。

青いふとんさん、サービスが行き届かず、失礼をしました。

八栗ケーブルや飯田お接待所の時のように、ふとんさんが来た後にせんめんきさんやサヌッキーさん、ringoさん、delmoさんが現れるのでは???と波状攻撃のサプライズがあるかもしれなかったので、いつでもうどん3キロを釜に放り込めるようにして待機してましたが、さすがにそれはありませんでしたとさ。チャンチャン!爆
by up-jp | 2008-06-21 01:52 | 開店準備 | Trackback | Comments(18)