人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

2008年 05月 25日 ( 3 )

香川テレビ放送網株式会社の取材が5/8にありましたが、その動画データがバックナンバーで観られるようになりました。

http://www.kbn.ne.jp/news/back/2008/0508/4.htm

怖いもの見たさで観てみたいという方はこちらのリンクをクリックして観て下さい。

ちなみにうどん怪人のS氏と同郷・博多の友人夫婦が登場します。
by up-jp | 2008-05-25 23:56 | 四方山話 | Trackback | Comments(11)

雪国の春の味覚

昨日、知人に誘われて山菜採りに山へ入った。
8年ぶりに長靴履いて、リュックを背負って急斜面を這いずり回り、数は少なかったもののひとまず満足いく程度の収穫あり。
c0092877_749747.jpg

c0092877_750686.jpgネマガリタケのタケノコは剥くとずいぶん小さくなるんだが、このタケノコが柔らかく香りがよく旨味が強い。モウソウチクのタケノコとはまったく別物の味覚で、この時期の山菜の王様だと思う。

写真のサンプルはずいぶん育ったものの穂先で緑色がかっているが、頭をわずかに5センチほど出しただけのものは淡い緑色がかったクリーム色のおいしそうな色なのである。

タケノコの旬のこの時期、二日ばかりいただいたものをタケノコ汁にしたり、卵とじにしたりしていたが、やはり自分で採ってきた物をその日に食べるのは美味い!

附録「ヤマダケの処理の仕方」
c0092877_821339.jpg

c0092877_823052.jpg


c0092877_7541479.jpg山に入るとタケノコばかりではなく、こんな山ウドなども採れる。よく育ったものだと5歳児の腕くらいの株になっているものもあり、食べ応えは十分。
今回はそれくらいのサイズのものが6本も採れたので、リュックもずっしり。

タケノコ、ウドの他に四国の人が好きなスカンポ(イタドリ)の若芽、ゲンブキ(ウルイ)、トリアシ、ワラビ、アケビ(若芽)などが採れ、収穫は十分過ぎた。

来年の春のメニューには、このヤマダケなどの山菜を使った季節限定メニューができたらいいなぁ。
地味ではあるけれど、新潟の食材も豊富だと改めて実感。
by up-jp | 2008-05-25 07:59 | 材料 | Trackback(1) | Comments(11)
かれこれ一年ほど探していた理想的なサイズの持ち帰り生うどん用のパッケージを見つけた!
築地や合羽橋の包装資材店で探してもらっても見つからなかったのに、ひょんなことから作業場にしている福祉施設の厨房でサンプルが数枚あるのを発見して、すべて解決!

一昨日、サンプルが届いた。うひひひ!これこれ…(パックの下の赤いノートはB5の大学ノート)
c0092877_7362117.jpg

通常使っている横幅内寸190mmのものだと麺を4つ折にしないと入らんけど、これだと二つ折りで福井君から手に取った状態のまま、パッケージに入れられる。
ばんじゅうに麺を移したとしても、二つ折りでパッケージ作業ができるのは手早くて無駄がない。
c0092877_7384380.jpgそして、この容器の良くできているところが、この四隅にある「おす」モード。
普通、二つ折り型のパックは蓋を閉めるのに輪ゴムや超音波シーラーなどを使うが、これは四隅を指でポチポチと押すだけで、かなり高い割合で密閉してくれる=乾燥も少ない。


作業をするのが身体しょうがい(近年の表記法の変更により平仮名表記を薦めています)を持つ施設利用者であるため、できるだけ簡単・確実に作業ができるのは重要なポイント。

また一つ問題解決してホッとしているところ。
by up-jp | 2008-05-25 07:44 | 材料 | Trackback | Comments(7)