人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

社会保険任意継続

今日、社会保険事務所に行って、健康保険の任意継続をする。
会社が半額払っていた分の保険料もすべて個人負担になるので、つまりは倍額支払うことになるわけで、勤めて給料をもらっていることの楽な部分が早速見えてきて、緊張感が増す。
今はとにかくお金を支出すれば、所持金から単にマイナスするだけ。
現金が増えることをしていないので、補充する努力を怠るとジリ貧になる。

怖いね~。冷静に考えると。

昨日はS麺機の講習で偶然隣り合わせた川崎市内の元ラーメン屋さんのKさんのところに打ち粉を分けてもらいに行って、しばしうどんの器具や設備についての話をした。
うどんとラーメンは基本的に使う器具が違うので、やはり買い足すものが出てしまうらしい。
ふと厨房の奥を見たら、M-301Pがあった。
話を聞くと非常に程度の良い中古があったので、新品の半額で買ったということ。
カッターは包丁切りしてエッジが立った麺を作りたいだろうから、切る前までの段階で活躍することになるんだろう。

夕方から36時間くらい寝かせた勘定になるすずらん47%加水の生地を延ばして切る。
福井君が新潟にいるので、不便極まりなく、先日我慢できなくて小さいサイズの麺切り台を買ってみた。
ところがこいつがイマイチで、動作が渋くてある位置で包丁が進まなくなり、極度に細く切れてしまうし、本体が軽過ぎて包丁を左端から右端まで移動させるたびに本体ごと動いてしまって危ない。
家庭用麺切り包丁と取っ手にかいてあるんだが、ホントにそのまんまやないか!

これをなだめたりすかしたりしながら、6日の自主開催送別会(うどんをお店の厨房を借りて出すのでありまして。)用のうどんを8キロも切るのかと思うと気持ちが暗くなる。
前日にかなりきっちり仕込んで、早めに製麺にかからないと間に合わないかも。

明日は当の健康保険料を支払いに行き、麺を収めるコンテナー代わりの浅いダンボールを探しに行ったり、大鍋が足りないので手配を考えるあたりが仕事。
夕方からはお客さまからのご招待で送別会が一つ。

また、大酔っ払いしてしまいそうだな…
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/8586802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kago-fp at 2008-04-04 22:46
個人事業者はほんとにあれやこれやとお金が出て行くので、いかにサラリーマンはそういう意味での会社の庇護があるのかと思う部分はありますね~。特に病気になったときとか…。私はかなりフリーで仕事して来ているんですが、ちょうどがんになったときは、会社員でして、健康保険があるから、1か月100万円かかった治療費も少しですんだし、ほかにも健康保険があるので、それすらも払ってもらえ、さらに会社は「がんになった」ということで、「もう死ぬのかも」と思ったらしく、休んだ分も給料を全額払ってくれるという特例つきでした(内緒にしてくれと言われたけど)(笑)。
そういう意味では今、そんな病気になったら、国民健康保険だは、収入はゼロ円になるは、母の介護をどうしたらいいのか等々、考えたら、お先真っ暗状態です。できるだけ知恵を絞って、リスクを少なくして生きていきたいとは思いますが、かなり「賭け」のような人生ですよねー(笑)
Commented by yamomet at 2008-04-05 07:24
>レイコさん
仰るとおり、毎月の給料明細であれこれと引かれているのは目にしていたにも関わらず、さほど意識していなかった、というのが本当のところですね。
医療費と年金で、それなりの定期的な出費ですから、それに加えて通信費やら交通費、広報費と積み上げていくと手取りで今までどおりに現金をもらおうと思ったら、その三倍を稼がないと残らない勘定ですね。
レイコさんの治療は大掛かりで大変だったんですね。
その時に会社員だったのは本当に運が良いとしか言えませんね。
同じように自分がその立場に置かれたら、ただただ動揺しているだけでしょうね。お互いに健康に注意して永く頑張れるようにしましょう。
by up-jp | 2008-04-04 00:38 | 開店準備 | Trackback | Comments(2)