人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

グラン東京サウスタワーB1Fで「野らぼー」に遭遇

歯医者に行くためにこの数日、大手町に日参してます。
c0092877_17275835.jpg
昨日は、帰りに神保町の「まんてん」でカツカレー大盛りを食べて、まぁとんでもなく満腹ではないけれど、けっこうなボリューム。
やっぱあそこはジャンボカレーというものを目で一度確認したら、あとはまぁイイかなってとこか。「ジャンボカレー全部のせ」は多分無理だな…

c0092877_17271522.jpg
今日は、ただ半蔵門線で往復するのもなんだかもったいないなぁとEZナビで検索したら、どうも神保町にもある「野らぼー」が東京駅のサウスタワーにできたらしいので、行ってみた。
c0092877_17283893.jpg店内は禁煙席が通路寄りに約20席ほど。喫煙席は店内奥の方にやはり25席くらいか?
ざっくりした民芸風の造りではあるが、古色蒼然とした感じを強調していないので居心地はよろしい。

c0092877_1731261.jpgメニューはこちら(クリックすると800×480の画像に拡大します。)
お値段はかけ1玉¥470。
場所柄を考えると地価の高いところに出店して、この値段は努力しているという理解で良いのでは。

c0092877_17333122.jpg

c0092877_17334128.jpg

頼んだのは「鶏天おろしぶっかけ」¥780也。
15分ほど待つと、運ばれてきたのはすべすべの絹素肌のうどん。
熱々の鳥天が美味そうだ。
早速、麺だけを食べてみると、塩気の残り方は少なく、ブリンとしてごっつりと来るしっかりしたうどん。しなやかという印象ではなく、一本気合の入った男性的な食感。
噛み切る前に押し返す弾力があるという書き方をされるうどんがあるけれど、ここのお店のはそれに当たるのだろうな。

鳥天は熱々で下味がしっかりついており、食べやすい。
ジューシーさもあって、高得点。

少し残念だったのは、ぶっかけの出汁が薄かったんだろうと思うが、麺に馴染まず塩気の薄さが目に付いて、生醤油うどん用の醤油を少し足して食べたこと。
せっかくおいしいうどんが出ているので、一発で決めてほしかったなぁという思いがした。
薄味気味に仕上げたというのとは、ちょっと違う感じだった。

それから11月6日にオープンしたサウスタワー地下のグランアージュ(レストラン街)にテナントとして入っており、開店から数ヶ月というせいなのか、3時過ぎの余裕の時間帯なのに、ホールのオペレーションが良くない。
新しく入店する人、レジをしようとする人、どちらとも店の奥に声をかけないとホールスタッフが出てこない。

また、BGMにはジャズ系の音楽が流れているのに、レジの頭の上に大型の液晶テレビが置かれ、常時番組を流しっぱなしにしている模様。
サスペンスドラマの再放送をいる間中、やっていた。

これはどうなんだろうか?

場所柄、大衆食堂ではない格付けがあると思うし、テレビをぼんやりと見ながら食事をする層が客層とも思えないのだが。
想像として、うどんが出来上がるまでの時間がかかるので、その待ち時間をあまり長く感じさせないためにそうしたのか?
もし、何か映像をどうしても流すというのなら、テーブル上に置かれていた讃岐の有名店のリーフレットのように、讃岐の各店の怪しくもおいしそうなそれぞれのお店の生き生きとした日常の姿を見せて、期待感に胸を膨らませて待たせる方が良いのではないかと思う。

そういう点での違和感を覚えた。

しかし、うどんは神保町の丸香とはまったく違ったタイプで、おいしいと思った。
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/8344126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by na_geanna at 2008-02-29 19:23
おお~コレだけの量を食したら結構マンプークですね!
しかし・・・大盛の全部乗せって言うのはヴィジュアル的に
なんか「場末的な虚空感」すらを感じるものがありますね(謎

さて、あともう一店ですが「茹でたて」「揚げたて」を土地柄
この値段設定は良心的な値段だと思いますけども
いかんせん、店の対応がイマイチだとちょっとイケませんね~
これも、オープンから間も無いこともあるからなのでしょうか?
Commented by kago-fp at 2008-02-29 22:32
おいしそうな鶏天ですねー。見るからにいい感じが伝わってきます。
うどんもなかなかのでき映えと見えるのに、惜しい!ですね。
テレビでふつうの番組でジャズが流れているという中途半端なことを
するお店って、やはりどこかズレとるんやろなあと思いますね~。
そこは「違う」だろうって思われることをやっているお店って、味の
方もどこかやっぱり違うところがあったりするのは統計的に
間違いない気がしますね(笑)
Commented by up-jp at 2008-03-01 07:09
>ナジェ君
まんてんはコストパフォーマンスも「まんてん」。
ちなみに「華麗まんてん」と正式には記述するそうです。
まぁ全部のせは無理してやることもないっちゃないわけで、
最近、それほど大食いでもなくなってきたので、まいっか。

野らぼーは基本的にすごくレベルが高いので、あとはちょっとした
見直しをされれば、東京駅から徒歩5分でこの逸品が食べられる
というのは、田舎人としたらすごく嬉しいことです。
やっぱ、東京っていろんな意味ですごいなぁと思いますよ。
オペレーションは時間が解決してくれると思ってるし。
Commented by up-jp at 2008-03-01 07:11
>レイコさん
鶏天のジューシーさ、下味の加減のちょうど良さ、これは美味かったです。
まず基本の麺がおいしいという時点で、けっこうまいっちゃってました。
好みとしたら、少しふんわりねっちりした感じが好みではありますが、
硬くない弾力を持った男麺としては本当においしいと思いました。
支店がいくつもあるので、数が増えるごとにレベルが落ちる、という
ことがないことを期待しています。
Commented by keitaf2000 at 2008-03-01 10:32
東京でこれが出てきて780円とは、頑張ってますね~
師匠が東京にいるうちに何とか行きたいと思ってましたが、ちょっと難しそう…
東京うどん巡り、行きたいなぁー(´・ω・`)
Commented by up-jp at 2008-03-02 14:48
>keitafさん
そうそう、この立地で家賃はべらぼうに高いと思うんですよ。
それでも、言っちゃ悪いがうどん店で出店できていること自体が
すごいなぁと思うわけです。全国展開している外食企業ではない
わけですしね。やり方次第でうどんも化けるんだなと思います。
はりやさんのかしわ天ざるが650円ということなので、それを考えたら
相対的に安いうどんですな~。
東京うどん巡りのリターンマッチは難しそうなのか~残念だなぁ。
エイッとうどんのためだけに香川から出てきたら(なんかそれ不思議だけど)
by up-jp | 2008-02-29 17:53 | うどん店 | Trackback | Comments(6)