人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

会場提携

前回、話題に上がったフリースペースの一件に保健所からダメが出た。

もちろん、全部がダメ、というのではなく、商店街や公式の祭り・イベントが行われている時を対象にして臨時飲食店営業許可を出すので、何もイベントが行われていない時にやっても許可は下ろせないというのが趣旨。

商店会から希望があってスペースを有効に活用してほしい、ということで申請しても、それ自体がある程度の団体としてのイベントと銘打たれて、出展依頼があった、などの経緯がないとダメなのだという。

お説ごもっとも。
それはそうだろな~。

ということで、こちらのスペースを柔軟に使うためには…

1 商店会やその他団体とタイアップしてイベントを作り、イベンターの協力者となって出す。
2 「手打ちうどん体験教室」などの企画には飲食店営業許可は必要ないので教室で出す。

以上の二つが解決策。

ところが、そうそう仕掛けができるのをのんびり待っていられるほど余裕もないので、どうしたらよかんべよ、と思って、ボラ仲間のKちゃんに頼み込んで、昨年11月12日「麺の日」にやったのと同じような讃岐うどんを楽しむイベントを定期的に行うことについて、昨日ようやく話ができた。

基本は土日のランチタイムを毎週そこに充てるという形で、開催ごとに一日分の営業補償を出すという形で合意。
幸か不幸か、住宅街の中の隠れ家のようなところなので、ランチタイムの客数はそれほどではないので何とかなるか…

毎週行った時の集客数が課題で、これが微増していくように静かに広報を続ける必要がある。
駐車場も席数も小規模なので、あまり大々的に広報することができないので、地道にリピーターを増やす努力が肝。

いずれにしても自分の脳力を試されることになる。
やるだけやらねば。

先日参加したマネジメントゲームで、出張販売ができる機会があることを教えてくださった方が何人もいらっしゃって、実にありがたいことである。
テキヤさんのテリトリーに踏み込まないでやれるイベントであることが大前提で、その部分もクリアしている地域イベントがあるということなので、車に機材を積み込んで出かけて行くのは楽しみだ。

保健所が盛んに言うのは、臨時店で出すのなら、移動販売車両として登録申請してほしい、ということ。いろいろと食中毒で重篤な状態を引き起こすウィルスのことなどが取り沙汰されているので当たり前のことなんだろうな。

ところが、メイン販売場所と考えている朝市では車両を持ち込んで販売することが昔から許可されていない。
朝市の沿道の民家と契約して民家の敷地内に車を留め置くことは特殊な例として可能だが、道に置きっぱなしで客席を設けることはできないので、基本的に屋台営業は無理、ということ。
新潟県はこういうところが非常に厳しい。
博多でも新規に出ようとするとけっこうハードルを高くされているんだろうと想像がつく。

ひとまず製麺所として、一般市民を対象に販売をする場所を確保することはできたが、作ったものを食べさせるスタイルでの営業形態の詰めがかなり甘い。
マーケットリサーチが十分でないため、新潟での活動時間がもっとほしいところ。

今日は川崎に戻る前に町屋再生プロジェクトの発端となった雑貨店のオーナーのお店を覗いてから帰ろうかと思う。
何かヒントがあるかもしれないので。
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/8111252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by up-jp | 2008-01-30 09:16 | イベント | Trackback | Comments(0)