そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

ある物語

c0092877_19375862.jpg高松の港へ続く国道でヒゲ面の男二人が夜明けを待っていた。

c0092877_19384213.jpg粉もの職人や香具師など、いろいろな人に尋ねながら、二人がたどり着いたのは、この店だった。

c0092877_19395162.jpgそこには六白豚の「ぶうちゃん」と呼ばれる黒豚がおって、大将がうどんを毎日食べさせて大事に可愛がっておった。

ある日…ぶうちゃんは旅に出ることになった。
ぶうちゃんは、旅立つ日がが来るのを知っていたのだろう。

ぶうちゃん…俺らが打った失敗作のうどんも食べて丈夫に育ったんだよな。





c0092877_19414347.jpg
ぶうちゃん…やっぱりね…きっとこうなると思ってたけど、3月に初めて会って、まさか4月に冷凍宅配便で、肉になってくるとは思わなかったよ。

でも、ごめん。
今日が初めてぶうちゃんを食べるわけとはちゃうん。
ホントはGWのおかみさんの誕生日の時もぶうちゃん、食うた。

正直…(ToT) 家で食べる気にならんかっただけ。

でもさ…あぁ…

うまいがな~!
肉質がええやんっ!


なかなか食べる決心がつきませんでしたが、悪くしてしまったら本当に申し訳ないので、昨日、意を決して解凍して、今日ようやく食べました。

脂の香ばしさ、肉自体の柔らかすぎない噛み応えと肉汁!
うまうま!

大将、ごちそうさまでした~!

ハッ!

次にあづまに行った時に大将から

「うどんたくさん食べぇ。ええわ、遠慮せんで!
どんだけでも食べれば、いいけんの!」


と言われたら、注意してないとまずいか…!?

前田東町…

注文の多い料理うどん店
[PR]
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/6547968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by keitaf2000 at 2007-07-23 23:28
わははは、食べられないように、ダイエットしないとね!
あづまのうどん、という誘惑に勝てるかなぁ…
Commented by めいてる at 2007-07-24 00:06 x
ぶうちゃんから、オチは何となく想像ついたけど
もう一つのオチには気が付かなかった・・・
恐るべし、注文の多いうどん店(笑)

塩水を飲みながら、利き小麦粉をしましょう!
・・・・なんか違う・・・((泣)
Commented by たま at 2007-07-24 01:26 x
>ケイタさん
今僕を食うたら、適度にサシが入ってて旨いですよ。
シマ腸あたりにもたっぷり脂がのってて。
Commented by たま at 2007-07-24 01:31 x
>めいてるさん
わはは!ぶうちゃん言うたら、迷わずに喰っちまうでしょうね!
とは言いながらもフゴフゴ啼きながら寄ってくる在りし日のぶうちゃんが瞼の裏に焼き付いてて…で結局は喰っちまったと!
利き粉しなくても、ちゃんと長くなったの送りますからね。
Commented by cateballa at 2007-07-24 06:02 x
うどんのみみは、このトンちゃんが食べていたんですね。
Commented by up-jp at 2007-07-24 07:46
>糧バラさん
わははは!こちらにもおいでくださいましたか。ありがとうございます。
ぶうちゃんをU枝部長にも食べさせたいんだが、と大将が言っておられたんですが、残念ながら叶わないまま。多分ですが、最後のぶうちゃんはN尾さんのところにまだあるのではないかと思います。
炭水化物をもりもり食べていたので、脂肪が美味いんですかね。
Commented by fuu-koubou at 2007-07-24 13:52
はぁ・・・・(ため息)
名前が「ふうちゃん」でなかったことが、せめてもの救いです・・・・
Commented by yamomet at 2007-07-25 08:51
>ふうちゃん
そう落胆しないでくださいませ。
世の中の習いにございます。
by up-jp | 2007-07-23 19:55 | 四方山話 | Trackback | Comments(8)