そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

memories「丸山製麺所」

ぐずら氏が二日目の朝食は、宿のものは食べない、と宣言。
初日は、「朝は普通にご飯が食べたい。」という後輩のわがままを聞いてくれたが、二日目は先輩に従う。そうそう度々は香川に来られないので、別のもんを食うて腹が一杯になってしまうのが惜しい、というわけらしい。
c0092877_2228281.jpg
前夜、麺三郎さんやkeitafさんたちと飲んで、〆に鶴丸まで行ってダメ押しをした体には、確かに普通のご飯は喉を通りそうにない。
7時チェックアウトして、高松市宮脇町の「丸山製麺」へ。
朝6時から営業しているというお店は7時ちょい過ぎでも、パラパラとお客さんが来る。

c0092877_22284848.jpg
あつあつをもらって、山内以来食べ損なっていた小エビのかき揚げを載せる。
じわっと染み出した油が程よく旨みのある優しい味のお出汁に混ざり合って、二日酔い気味のお腹に優しく優しく浸透してくる。

うどんをテーブルに置いた途端に写真なんかを撮り始めるもんだから、おいちゃんが「あんたたちうどん巡りしとんのやったら、このガイドのパンフレット持っていき。」と手渡してくれた。
実は、今日の午後には高松を発つんだとはその笑顔を見ていたら言えなくなって、ありがたくパンフレットをもらって店を出てきた。

なんかホッコリと温かいね、うどんは。
[PR]
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/6472581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by up-jp | 2007-07-10 22:33 | うどん店 | Trackback | Comments(0)