そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

石神井 武蔵野うどんの「エン座」さん

c0092877_1227503.jpgかねてから行こうと思ってなかなか行けなかった石神井の「エン座」さんにようやく行くことができた。
店主の加藤さんには以前にお目にかかったことがあり、お店でおいしいうどんを食べさせてくださいね、と話してたきりになってしまっていたので、今回、休日の用事が珍しく何もなかったので11時ごろアパートを出て、渋谷、吉祥寺経由でお店へ。

お店でオーダーを待っている時にふと横を見ると、なんとマイミクさんが!
「麺通団吉祥寺店が開店するよ。」などの情報をいただき、ビックリするやら感心するやら。

c0092877_12305291.jpg
ワタクシ、ノーマルに冷たい糧盛。
光線の関係で分かりにくいですが、上に4本ほど乗せられた麺の一本は桜色。
ご縁を結ぶ赤い糸というわけで。ニクイ演出です。

今日は地粉が12:15で売り切れてしまったので、全粒粉のうどんということ。
ベースはすずらん。
モッチリ、どっしりとした感じが強く、かなり食べ応えがあり並盛で、少食の?ワタクシは満足。
つけ汁にはふんだんに入れられたささがきゴボウと牛肉、青菜、ネギとたっぷりの野菜がまず目を満足させてくれて、しっかり腰のうどんを濃い目のつけ汁につけて食べると「うまぁ~い!」

まず、麺に香ばしさと小麦の甘みと香りがある。
全粒粉が入ると、もっとゴソゴソした感じになるのでは?と思っていたので意外。
伸びもあって、おいしいうどんです。
自分では打てないタイプの麺だなと思いました。
c0092877_1813539.jpg

うちの奥様は「焼豚うどん(ラドン)」が良いと言うので注文。
出汁はばっちりイリコが効いてコクのある美味さのかけ出汁に、ショウガ、ラー油、ネギが加わることで「あら?海鮮系だしの塩ラーメン?」と思える変り種うどん。
この変化球にはけっこう一目惚れ。

加藤さんもお昼の営業時間が終わりがけになり、手が空いてきたので少しおしゃべり。
「いかに風味の良い、印象的なうどんを出すか?」ということについてアツク語ってくださいました。

手際よくホールをこなし、うどんの説明をきちんとしてくださるのは奥様のゆうこさん。
二人の連係プレーが抜群の調味料となっているのがエン座さんのうどん。
今度は仲間を連れて、また行こうと思います。
[PR]
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/6422649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by na_geanna at 2007-07-02 21:14
桜色のうどんを用いて「ご縁を結ぶ赤い色」とはニクイ演出ですね!
さて、奥さんが注文された「焼豚うどん」って初めてみました。
ぜひとも食べて見たいです!
あと、この「焼豚うどん」はなぜ「ラドン」なのでしょうか?
もしかしたら「ラーメンうどん」?
Commented by up-jp at 2007-07-02 21:54
>ナジェ君
ラドンはお察しのとおり、ラーメンうどんですな。
想像以上にはまる味です。
さっぱり系の塩ラーメンと似たようなところあるもんね。
焼きアゴ出汁のらどん食べたいなぁ…
Commented by keitaf2000 at 2007-07-03 08:58
おぉ!東京でもレベルの高いうどんが食べられるっていいなぁ。
これなら東京転勤でもOKかな(^_^;)
丸香とかもあるしね。

イリコだしのラドン、食べてみたい!
Commented by up-jp at 2007-07-10 21:11
>keitafさん
ご無沙汰してすみません。
エン座さんのうどんは自分の畑で育てた小麦を粉にして、
完全に手打ちにしたものです。
野菜がたくさん食べられるように工夫も凝らしてあって
とても勉強になります。もし、機会があったら是非一緒に
行きましょうね。
by up-jp | 2007-07-02 12:35 | うどん店 | Trackback | Comments(4)