人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

むぎのかおり1600g+すずらん400gブレンド

「むぎのかおり」は中村(弟)で食べたようなのび~~~びよ~~ん!という感じのゴム系麺が前回打った時にできたので、その食感を主体に活かしつつ、すずらんの白さ、滑らかさの素晴らしさを出せるようなものができたらと思って、重量比むぎ8:すずらん2でブレンド。

朝、一度鍛え直している時にはどんどん広がっていくような生地で、加水を45%と低めにしたとは思えないくらいだったが、延して切ると麺線のほぐれも良く、バラッと捌けるので扱いも良好。

試しに端を茹でて食べてみると、これはイイ!この食感、自分好み。
むぎのかおり1600g+すずらん400gブレンド_c0092877_98347.jpg
茹で置き45分には耐えられなかったが、茹でた直後のこのおいしそうなクリーム色。
そして、倍くらいの長さくらいまで伸びるのでは?と思える粘断性の良さ。

柔らかい中にしっかりとコシがあるので、噛み切る瞬間が楽しい。
しなやかな女性アスリートの筋肉のような麺。
茹で上げて〆た冷たい麺は気持ち良いくらいの噛み応え。Love!

茹でてからわざと時間を置いてみて食感や外見の変化を見る。
やはり、透明感は失われ、弾力は弱くなるが、それでも袋入りうどんとは比べ物にならない。
柔らかさの中にプリッとした感触がほんのりと残る。
その食感で約45分の茹で置き状態なので、実際には20分前後で回転させれば、おそらくこれは実用価値があるだろうと思われる。

この組み合わせ、やもめ庵うどんの公式レシピに登録第一号決定!
今晩、ホワイトプルメリア君に試食してもらう予定。
ひょっとしたら、ヤツは昼休みに茹でて食べる気か???

<レシピ>
気温 18度 湿度45%
鳥越製粉 むぎのかおり 1600g
木下製粉 讃岐すずらん 400g
加水45% 13%食塩水 900g
予備熟成 約1時間(熟成温度 32度)
二次熟成 7.5時間(熟成生地温度 28度~30度前後)
by up-jp | 2007-04-06 08:05 | 製麺ログ