人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

驚嘆!千葉県佐倉の「元祖ガンジーラーメン」!?

c0092877_0125994.jpg今日は仕事で成田方面で打ち合わせがあり、夕方佐倉まで送ってもらって帰ろうとした時に目に飛び込んできたのが←こんなお店。蛾が光に誘われて寄っていくように、夕飯はここで食べる予定ではなかったのに…あぁ、誘惑が…あまりに好奇心を刺激されて入店。

事前情報がぜんぜんないので当たるか外れるか、けっこうキワモノ勝負。

c0092877_2357172.jpg店内は全てがこの色調で、メニュー一つ、POP一つとっても店主が何か一言ネタを入れないと気がすまないという感じが満載!

c0092877_23581399.jpg
先頭は
・ミトコンドリアXラーメン…中の中奥の奥見発の発見美味追求香り高き食文化
・水戸黄門候ラーメン…刻み納豆、ジュン菜、青シソ、梅風味サッパリ感です。
・菅原道真候ラーメン…もやし肉油揚げ青味醤油味少辛炒め掛けのる

etc…と延々と続く。ちなみに「なんたら候」と書いてあるのは多分「道真公」のように書かなければならなかったはずだが、勘違い誤字である。
もっとツッコムと「水戸黄門公」ではなくて「水戸光圀公」だろうし…

注文したのは看板商品らしい「ガンジーラーメン」
但し書きは「香味揚げ鶏肉大海老のり青味香辛料カレー粉バター入りだよ」とある。
要はカレーラーメンなんだな…
c0092877_054587.jpg
ぐわぁっ!丼の中で何かが激しく泡だって沸騰しちょる?????なんだや、これ?

表面には赤いラー油が浮き、丼は血の池地獄みたいになっとう。
沸騰が少し収まったところで、食べるとただのキワモノではなくて、バターが程よくまろやかさを醸し出して、シコシコつるつるの麺といっしょになってけっこう美味い!

唐揚げもしっかりしていたし、海老もプリプリしたものを使っていたのでトータルにおいしく食べられた。スープが冷めないように火で熱した石が放り込んであるので冷めるのも遅い。

ん~~~この親父ただものではない。
基本のスープと麺はきちんとしているし、具材の取り合わせもバランスを崩していないし。

店内には夥しい数の報道履歴が極彩色の短冊に書かれて張り出してある。
入口のところには「はなわ様ご来店」の張り紙がやたらとデカイ。

この奇妙なネーミングのメニュー群の一つ一つに興味を惹かれるが、うどんと違って一度に何杯も食べられないのが辛い。
あと2回くらいは成田で取材があるだろうと思われるので、また行こうかと。

次はどう読んでも意味不明の「ミトコンドリアXラーメン」だ!
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/5844860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by na_geanna at 2007-04-06 12:44
師匠~っ!
こっこれはハゲシクポップ過ぎるラーメン屋ですね!
これだけ、個性的なメニューに溢れるラーメン屋は初めてみましたよ・・・
店内に書かれてるメニューを見るだけでクラクラしそうです。
ここには「激辛」はなかとですか?
Commented by up-jp at 2007-04-09 08:30
>ナジェ君
返事が遅れてすんません。
クラッとくる黄色主体の内装に、レトロかポップか分からない手書きのど派手はPOPの数々。
ラーメンフリークの中でも話題のお店だったようで、偶然ここに行き当たったというのが不思議な縁を感じました。
奇妙な外観から中味もよほど凄いのでは?と思ったら、意外にきちんと基本を守っておられるお店で、逆にそこが好感度が高かったです。
激辛メニューは多分あったと思いますが、激辛師匠には多分物足りないと思いますた。
by up-jp | 2007-04-06 00:12 | 麺類レシピ | Trackback | Comments(2)