人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

新宿「東京麺痛団」

c0092877_21152430.jpg渋谷を出てから、二軒目の店は「東京麺痛団」。
新宿東口の雑踏を抜けて歩くこと約7分。
ひょいとある交差点で首を左に向けたら、そこにあった。

c0092877_21185421.jpg

先輩は生醤油小とおにぎり、赤ちくわ天、僕はひやかけ小に鶏天。
ひやかけは290円、鶏天が100円といたってリーズナブル。
とはいっても香川の店ならまぁ普通かぁという値段。新宿駅に近いここでやっていることを考えたら、かなり安いのだと思う。

麺は前に訪れた店と比較するとムニムニ~としていて伸びがある。
柔らかい感触のあとにしっかりと押し返してくるようなコシがあって、こちらが自分好みの食感。

出汁はしっかりイリコが勝ったもので、自分で取ったイリコ出汁の香りの記憶が蘇ってくる。
おいしい麺を食べて、イリコ出汁もがっつり一気飲み。

よせばいいのに、先輩は直前に行った小麦房で生醤油(中)に天麩羅を一個食べた後のこの店でご飯ものまで手を出して、更に天麩羅を取ったもんだから、赤ちくわ天は半分食えん、といってこちらに寄越してきた。

渋谷から新宿に移動しながら話していたのは、うどんという炭水化物を食べているののあてがなんでバラ寿司とか稲荷とか米なんやろうねぇ、ということで、本人自身が首を傾げていながら、実際は自分がそうやってご飯も取ってしまったという魔のチョイス。
いらんこと天婦羅用の皿を手渡すんじゃなかった…

今日は今頃江古田でライブを聴き終わって、東京駅に向かっているはず。
高速バスでの大阪~東京往復、大変お疲れ様です。気をつけて!
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/5339625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by up-jp | 2007-01-21 21:25 | うどん店 | Trackback | Comments(0)