そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

UPL北関東支部作品・釜玉とひやあつ

UPL北関東支部技術主管のふうちゃんが送ってきてくれたさくら夢2000。
早速、釜玉とひやあつでいただきました。
c0092877_22235354.jpg
茹で時間はふんわり感を楽しみたかったので、13分。
見込んだとおりで釜玉はとてもおいしく、ふわっとした食感の後に小麦の風味が立ちます。
さすがは粉職人だなと思いました。
僕はこの最近は口触りの改善が中心になって、この風味がおざなりになっていましたが、ふうちゃんのは香りと味があって旨いです。
c0092877_2226673.jpg
こちらは水で締めて、ひやあつにしていただきました。
出汁は自家製のいりこ出汁。昨日、築地に行って昆布やらイリコやら厚削りやらあれこれ仕入れてきたので、早速使ってみたわけで。
釜玉に合わせて柔らかめになっていましたが、最後のコシはしっかりとあってズルズルと一気に食べられる「しなやかな」麺でした。

毎日、何らかの形で小麦粉をいじっている粉職人は手指の感覚が湿気の感じや捏ね上がりの感じを覚えているので、こんな優しい風味のものができるのだなと思いました。

ふうちゃんご馳走様でした。女房もおいしいと言って食べていましたよ。
[PR]
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/4628691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by up-jp | 2006-09-26 22:30 | 製麺ログ | Trackback | Comments(0)