人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

すずらん2回目でございます。

世界UPL支部員のみなさん、こんにちは。

Udon Pasta Laboratry 九州地域本部 鹿児島支部
  学籍番号UPL-9KG-7059  レイコ@mo-go-menです。

やも所長以外のアップがないので、並べてみるのはおそろしいのですが、
うまいこと、うどんがよく写っていなかったのでアップします。
…って、意味ないじゃーーーんって話だすね。

実はこちらのそこな・お手打ちブログがスタートする前に、讃岐の
うどん粉を入手しておったのでございます。たはは。



で、すずらん2回目。

◆温度/32度 天気/曇りのち晴れ

◆実験テーマ材料……「すずらん」

◆実験データ
粉……「すずらん」300g 塩水12.8% 加水率50%
粗捏ねから踏みの合計時間……10分
寝かし……20分(常温)
茹で時間……13分

きょうは寝かしの時間がまったくとれず、20分。
これがよくなかった気がします。やはり寝かせた分、
全体の食味がよくなるのは間違いない気が。
少しこなれていない出来上がりで、ちょっとがっかり。

初回の方がとてもおいしかったのは、どういうことでしょうか。
私のビギナーズラック伝説はさらに実証されたようです。

自家製鶏ハム(胸肉もも肉セット)、ニガウリ、みょうがを
のせて、冷たいめんつゆでいただきました。
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/4475306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yamomet at 2006-09-03 12:02
水和をきちんとしてしっとりさせるために粗捏ね状態で一度寝かせるのはけっこう良いみたいですよ。最初の水回しが一発で決まれば、そのままでも良いんですが、そこがまだ下手くそなので少し寝かしてしっとりした状態から踏むときれいにまとまることが分かってきました。
映画を見ていて、一度に20キロとかを仕込むときはそういう工程を踏んでいないようなのでその辺りは量が少ないからやれることなのかもしれないなぁと思っています。
グルテンが程よくできている生地の感触を手で覚えないとあの本場のふんわりモチモチした感じは再現できないのかもと思っています。
多分、僕ら素人がやると概ね踏みすぎになりがちなのでは、と思います。
by up-jp | 2006-09-02 16:01 | 製麺ログ | Trackback | Comments(1)