人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

ハイパーアルティメット省エネ化

c0092877_821597.jpg

某メーカーの営業さんとの四方山話から閃いて、釜の内蓋を製作。

ガンガン吹きこぼれるほど沸かさなくても100度がキープされれば十分茹でられるということと緩く沸かして茹でた方が麺の表面の澱粉溶出が少ない、厨房の暑さは水蒸気の熱放射という話。

水面に浮かす落とし蓋が良いようで、外が30度超えしている中、高火力バーナーを焚くので気温こそ33度くらいにはなるが、湿度が30%近く下がるので快適な高温。(笑)

蓋をすると小さな火でも沸騰を維持できるので、なんと全火力の4分の1の出力でOKというコストセーブのボーナス付き!

ホールの冷気を大型のサーキュレータで強制的に送り込むようにしたら、ますます快適。
超低コストで涼しい厨房が完成!

副産物としてはじっくりと蓋の下で茹で上げるおかげでモチモチ感がアップ!

芯のコシも今まで以上にしっかりして粉を変えるよりもはっきりした変化が。

ど~ですか、これ?
お試しあれ!
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/16583484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぐっち at 2011-07-11 21:59 x
スーパー省エネですね!!!
なめまかしい麺を楽しみにしてます!
この暑さは冷たいうどんで乗り切りろー!!
Commented by up-jp at 2011-07-13 06:34
> ぐっちさん

そ~なんです。暑いのは暑いんだけど、湿気がないのでそんなにダラダラと汗が噴出すようなことがまったくなくなりました。

先日「やらしいうどん」とか言って出したのが、この茹で方をした時の特長です。艶かしさが満点でぐっちさんは好きなはずと思ってます。
Commented by ダミアン純子 at 2011-07-14 00:36 x
たま師匠、カントリーライフを楽しみにしていましたが、
残念m- -;m、仕事に追われています。
ネット環境が東京の倍以上よくなったおかげで(最新のものは違うとしみじみ)
こっちに(黒姫)に来て、東京に住んでいるときより外出率低下、だめじゃんって感じ
でも、もっちりうどん食いたいです。
仕事をサクサクこなしてがっつり食べたいなと。
ゴーヤ、楽しみです。^o^v
Commented by up-jp at 2011-07-15 06:53
> ダミアン純子さん

黒姫は快適生活のようですね。
下界は暑くて買出しにちょっと出ただけでも焦げそうです。
カントリーライフの中で仕事がはかどると言うのは良いことです。
がんばってくださいね。
by up-jp | 2011-07-11 08:21 | 四方山話 | Trackback | Comments(4)