人気ブログランキング |

そこへ直れ!手打ちにいたす!

teuchi.exblog.jp

越後の國の讃岐うどん房 鶴越(つるこし)公式ブログ

ブログトップ

今年も国産小麦には厳しい状況

当店では香川県産の「さぬきの夢2000」という小麦を50%、九州産の小麦を50%使っていましたが、今年の初夏に九州産小麦の在庫がまったくなくなり、代替に品質の安定しているオーストラリア産中力粉を使っています。

22年産の国産小麦が市場に供給されるのが9月初旬頃からと訊いていたので、その日を待ちわびていたら商社から悲しいお知らせが…

「今年の九州産小麦は身付きが悪く、収量が昨年よりも更に減少傾向のため、これからの需要分に対して供給量が不足し、貴店に提供できる期間が限られてしまいます。」

2011年3月ごろには欠品が確実という情報だったので、強いコシとしなやかさが出せる現状のブレンドのままで行くことにしました。

その代わりにちょっとイイ話も…

香川で研究開発中だったさぬきの夢2000の後継品種の栽培が徐々に拡大し、今年の段階でも新しいさぬきの夢が使えるようになってきている、とのこと。

この小麦は1月の人生の楽園のロケのときに初めて試作を木下製粉さんのご協力でさせていただいた品種なんですが、風味が強く、取り扱いのし易さは輸入小麦並みと言われていたものです。

今後、「さぬきの夢」という商品名で現在の2000と新品種が徐々に入れ替わっていくようになる模様。

こちらの麦が当店のうどんの作り方にぴったりと合うものならイイナァと期待しているところです。

余談ですが、香川と言えば青ねぎを徳島産から香川産に切り替えて丸1ヵ月が過ぎました。
柔らかさも鮮度も申し分なく、ねぎの苦味も少ないような…

まかないでうどんを食べるときにはネギをてんこ盛りにしていただいていますが、ネギそのものが具材として美味いものであると改めて感じます。

ネギ大好きな皆さん、ネギのてんこ盛りをぜひお試しあれ!
追加料金をもらおうなんてケチなことは言いませんので…
トラックバックURL : https://teuchi.exblog.jp/tb/15464485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by up-jp | 2010-11-16 13:14 | 四方山話 | Trackback | Comments(0)